【3/7 株式ニュース】前場市況/口コミで評判の良かった株@日本投資機構株式会社

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■3月7日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

買い材料不足が意識されて軟調揉み合いが続く。
米国は過去最大の貿易赤字となり対中交渉にも懸念。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

前日の米国では貿易赤字の拡大により
通商協議でトランプ大統領が
強硬姿勢を見せる懸念が浮上したほか、
各国の経済指標についてはまちまちで
先行きへの不透明感も強まっている状況。

経済協力開発機構(OECD)が6日に公表した報告書では
「世界的な景気拡大は勢いを失い続けている」とし、
20カ国・地域(G20)のほとんどについて
経済見通しが下方修正されています。

日本株市場でも、先行き警戒感が強まり
年始から上昇基調となっていたことから
利益確定売りも出やすいため
軟調揉み合いが続きそうです。

相場全体が勢いを失う中で
特需の予想される5G関連などの
テーマ株に資金が集中しやすいとして
本日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

6日の米株式市場でダウ工業株30種平均は
前日比133ドル17セント安の2万5,673ドル46セントと続落。

米商務省が発表した2018年の貿易統計では
モノの赤字が8,787億200万ドルと
06年以来12年ぶりに過去最大となりました。

対中国が2年連続で最大となっています。

トランプ米大統領の就任後2年間に貿易赤字は1,190億ドル拡大し、
赤字削減の選挙公約とは相反する結果となったことから
貿易協議で一段と強硬姿勢に傾くとの警戒感が広がっています。

過剰在庫への警戒感を背景に原油価格の下落し、
エネルギー関連株にも売りが波及。

また、雇用サービス会社ADPが発表した2月の全米雇用リポートで、
非農業部門の雇用者数が前月比で18万3,000人増加。

ほぼ市場予想並みとなりましたが、
共同調査しているムーディーズ・アナリティクスのエコノミストが
「雇用拡大のピークは過ぎた可能性がある」と指摘しています。

8日には米雇用統計の発表を控えることから
様子見ムードも強まりました。

主力株の一角に売りが優勢となり
ナスダック総合株価指数も続落しております。

『為替』

6日のニューヨーク外国為替市場で円相場は
1ドル=111円75銭~85銭と円高に傾倒。

米株式相場の下落を受け投資家が
リスク回避姿勢を強め、円には買いが優勢となりました。

『日経平均先物』

6日のシカゴ日経平均先物3月物は、前日比140円安の2万1,545円と下落。

米中貿易協議の先行き警戒感が広がり
米株とともに売りが優勢となっています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:25,673.46ドル (-133.17)

・ナスダック:7,505.920 (-70.441)

・S&P500:2,771.45 (-18.20)

・為替 ドル円:111.68-111.69円 (-0.10)

『国内』

・日経平均株価:21,596.81円 (-129.47円)

・TOPIX:1,615.25(-3.98)

・日経ジャスダック平均株価:3,481.56円 (-6.20円)

・東証マザーズ指数:946.51 (+2.55)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

ECB理事会(ドラギ総裁記者会見)
米1月消費者信用残高(3/8 5:00)

『国内』

2月都心オフィス空室率(11:00)
1月景気動向指数(14:00)
30年国債入札

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の国内決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

積水ハウス、日ビュホテル、アイモバイル、
不二電機、アルチザ、トップカルチャ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストの石塚です。

新たな買い材料が不足していることから
利益確定売りが優勢となりやすく
しばらくはやや下向きの相場展開が続きそうです。

ただ大きく売り込む材料もなく、
テクニカル面を見ても日経平均株価の下値は
2万1,100~200円付近と限定的だと分析。

個別銘柄への物色の動きも続いていることから
利益の取りにくい相場ではないと見ています。

下げたときに上手く拾えるように
買い増しのための余力を
少し空けてのお取組みもご検討ください。

 

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る