【3/13 株式ニュース】前場市況/口コミで評判の良かった株@日本投資機構株式会社

日本投資機構株式会社

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■3月13日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

利益確定売りが出やすく上値の重い展開に。
FRBが追加利上げを行わないとの観測が支え。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

昨夜の米国株はまちまち、
2月の消費者物価指数は市場予想を下回り
景気見通しが良いわけではないものの、
FRBが追加利上げを行わないとの観測が
相場の支えとなっています。

欧州では、英議会下院が12日夜に
メイ首相が示したEUからの離脱案を採決し
反対多数で否決されましたが、
市場にはある程度織り込み済みと見られ
影響は限定的でしょう。

国内では本日8時50分に
内閣府が1月の機械受注を発表する予定ですが、
市場予想の前月比1.7%減ほど悪化しなければ
設備投資関連株に買い安心感が広がる可能性も。

ただ、前日の上昇幅が大きいだけに
3月の決算期末を控えた国内機関投資家などの
利益確定売りなどが重しになりやすいとして
本日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は
前日比96ドル22セント安の2万5,554ドル66セントと反落。

主力機の「737MAX8」が10日に墜落したのを受けて、
欧州やアジアで同型機の運航停止が相次いだ
ボーイングが大幅に続落し1銘柄でダウ平均を
166ドルあまり押し下げる展開となりました。

米中通商協議については、
米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が議会で
中国政府による通商協定履行を確実にする手段として、
追加関税という選択肢を残しておく必要があると証言。

習近平国家主席が首脳会談の設定に慎重な向きもあり、
不透明感は拭いきれない状況です。

一方で、米労働省が12日朝に発表した
2月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比で1.5%上昇と
伸び率が前月から縮小し、2年5ヶ月ぶりの低さに。

米連邦準備理事会(FRB)の利上げ停止観測が強まり、
全体としては買い優勢となりました。

アップルなど主力ハイテク株に買いが入り、
ナスダック総合株価指数は続伸しております。

『為替』

12日のニューヨーク外国為替市場で円相場は1ドル=111円30銭~40銭と円安に傾倒。

ボーイングの大幅続落が重しとなりダウ平均は下落したものの
主要ハイテク株などへの買いが続いたことで
投資家が運用リスクを取りやすい地合いだとして円には売りが優勢となりました。

『日経平均先物』

12日のシカゴ日経平均先物6月物は、前日比90円高の2万1,230円と続伸。

前日の日本株市場の大幅上昇にサヤ寄せする形で上昇しましたが、
米ダウ工業株30種平均が反落したため上値は限定的です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:25,554.66ドル (-96.22)

・ナスダック:7,591.031 (+32.967)

・S&P500:2,791.52 (+8.22)

・為替 ドル円:111.28-111.29円 (-0.08)

『国内』

・日経平均株価:21,503.69円 (+378.60円)

・TOPIX:1,605.48(+24.04)

・日経ジャスダック平均株価:3,423.50円 (+20.96円)

・東証マザーズ指数:931.04 (+20.06)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

1月機械受注(8:50)
2月企業物価指数(8:50)
1月第3次産業活動指数(13:30)

『国内』

米1月耐久財受注(21:30)
米2月生産者物価指数(21:30)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の国内決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アルトナー、Hamee、トーエル、
シーアールイー、JPNミート、
アセンテック、シーイーシー、丹青社

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストの石塚です。

前日のNYダウ平均は小幅に下落しておりますが、
ボーイングが上値を押さえた形で
全体としては決して悪い状況ではないでしょう。

利益確定売りに上値を押さえられながらも
為替の安定推移などを支えとして
下支えの強い相場展開が続きそうです。

推奨銘柄が下落した場面では、
ロスカット値で下げ止まっていれば
買い、買い増しに入ることで
利益を狙えると見ております。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る