【3/25 株式ニュース】前場市況/口コミで評判の良かった株@日本投資機構株式会社

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■3月25日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━
欧米で経済指標が悪化し米国株が大幅下落。
為替の円高傾倒も重荷となり売り先行。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

欧米の経済指標が悪化したことをきっかけに
長短金利差が逆転する「逆イールド」が発生し
先週末の米株式市場では主要3指数が大幅下落。

為替が110円付近まで円高に傾倒したことも
日本株相場の重しとなりそうです。

今週の注目イベントとしては、28~29日に北京で
閣僚級の米中貿易協議が行われること。

4月3日からは米ワシントンで開催される予定で
協議が継続することは好材料ではありますが、
これまでに課した追加関税の扱いや
合意事項を破ったときの罰則規定を巡って
意見が対立していることから注意が必要です。

トランプ大統領は中国製品にかけた制裁関税について
「解除することは議論していない」と述べ、
貿易協議で合意した場合でも当面は続ける可能性を示唆していますが、
中国はすべての関税をすぐに取り消すよう主張しています。

投資家心理が悪化しており
売りが先行する展開が予想されますが、
2万1,000円は抵抗線として意識されると見ており
3月末の権利付最終売買日を明日に控えることからも
下値では買いが入りやすいとして
本日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前週末の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は
前日比460ドル19セント安の2万5,502ドル32セントと急反落。

IHSマークイットが22日に発表した
3月のドイツ製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は
好不況の節目とされる50を大幅に割り込み、
2012年8月以来の低水準となりました。

ユーロ圏PMIの製造業指数も6年ぶりの低水準となったほか、
米国でもPMIの製造業指数が1年9カ月ぶりの水準に下落。

一連の指標を受け、米債券市場では長期金利が
1年3カ月ぶりの水準に急低下(価格は上昇)しました。

政策金利に連動しやすい短期金利はそれほど下がらず、
一部で長期金利が短期金利の水準を下回る「逆イールド」が発生。

逆イールドは「不況の予兆」とされるため
投資家心理を一段と不安にさせる要因となっています。

米国株相場は年初から上昇していたため、
利益確定売りが出やすいこともあり、下げ幅を拡大しました。

主力株が軒並み下落し、ナスダック総合株価指数も反落。

『為替』

22日のニューヨーク外国為替市場で
円相場は1ドル=109円90銭~110円00銭と円高に傾倒。

米欧の製造業関連指標が市場予想を下回り、
世界景気の減速懸念が強まったことで
投資家心理がリスク回避姿勢を強め、円には買いが優勢となりました。

『日経平均先物』

22日のシカゴ日経平均先物6月物は、前日比430円安の2万0,985円と反落。

欧米の製造業景気指標の低迷や米長短金利の約11年半ぶりの逆転を受け、
景気の先行き懸念が強まり米株式相場とともに下落しています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:25,502.32ドル (-460.19)

・ナスダック:7,642.667 (-196.292)

・S&P500:2,800.71 (-54.17)

・為替 ドル円:110.09-110.10円 (-0.67)

『国内』

・日経平均株価:21,627.34円 (+18.42円)

・TOPIX:1,617.11(+2.72)

・日経ジャスダック平均株価:3,459.58円 (+3.84円)

・東証マザーズ指数:939.93 (-2.26)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

独3月Ifo景況感指数(18:00)
米2月シカゴ連銀活動指数(21:30)

『国内』

1月全産業活動指数(13:30)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストの石塚です。

本日はマクロ要因の悪化により
推奨中銘柄についても売りが先行する展開が想定されます。

マクロ要因に業績が左右されにくい銘柄を選定しておりますが、
投資家心理の悪化により下値抵抗線を割ってしまうと
その後買いが入りにくく、トレンドを逸しやすいです。

下値抵抗線、ロスカット値を割った銘柄があれば
一旦の手仕舞いをご検討ください。

 

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る