【3/28 株式ニュース】東京市場まとめ/口コミで評判の良かった株@日本投資機構株式会社

日本投資機構株式会社

昨日は【3446】ジェイテックが上昇!!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■3月28日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米長期金利低下を受け投資家心理が悪化し軟調な展開に。
国内では「消費増税が確実」との見方が重荷。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

28日の東京株式市場で日経平均株価は
前日比344円97銭安の2万1,033円76銭と続落。

前日にニュージーランド準備銀行や
欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が金利に対するハト派姿勢を示し、
世界景気の後退に対する懸念感が広がっています。

これを受けて米10年債利回りが1年3ヶ月ぶりの低水準に低下し、
米国株市場で主要3指数が下落したことから
日本市場も軟調な展開となりました。

トルコの信用不安の拡大や
英国の欧州連合(EU)離脱問題を巡る不透明感も投資家心理に重荷に。

セクター別では、ドイツ半導体大手が
27日に2019年度の売上高予想を下方修正し、
半導体関連に連想売りが見られました。

国内を見ると、27日の参議院本会議で2兆円超の
消費増税対策が盛り込まれた予算案が成立し、
10月の消費増税は確実との見方も売り材料となっています。

日経平均株価が2万1,000円を下回る場面も見られましたが
この水準では中長期的に見て割安感もあるとして
押し目を拾う動きが見られました。

日本経済新聞電子版が昼過ぎに
「中国の李克強(リー・クォーチャン)首相が28日、
『中国経済の下押し圧力は十分に支えられる』と述べた」
と伝えたことは相場の支えとなっています。

相場全体が軟調に推移したことで
新興市場でも時価総額の大きい銘柄を中心に売りが広がり
日経ジャスダック平均株価、東証マザーズ指数も下落して終了。

『海外』

26日午前の中国・上海株式相場で上海総合指数は小幅反落。

中国の景気指標の発表などの重要イベントを前に、
内容を見極めたいとして様子見ムードの強い展開となりました。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場では、1ドル=110円17銭近辺と円高に傾倒。

国の欧州連合(EU)離脱問題やトルコの信用不安を背景に
投資家がリスク回避姿勢を強め、
低金利の調達通貨とされる円が買い戻されています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

欧州を中心に悪材料が相次いでおり、
欧州売上高比率の高い銘柄は特に注意が必要そうです。

一方で中国を巡っては李克強(リー・クォーチャン)首相が
中国経済へ楽観的な見方を示し、
28日に北京で再開した米中貿易協議については
ロイター通信が「全ての分野で進展している」などと報じています。

米長期金利低下により円高圧力がかかりやすいため
日経平均採用銘柄など大型株は軟調な推移が続きそうですが、
中国株との連動性が高いとされる
新興市場については下支えの強さに期待ができ、
時価総額の比較的小さい銘柄を中心に
個別銘柄を物色する動きが続くとして明日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:25,625.59ドル (-32.14)

・ナスダック:7,643.377 (-48.145)

・S&P500:2,805.37 (-13.09)

・為替 ドル円:110.08-110.09円 (-0.60)

『国内』

・日経平均株価:21,033.76円 (-344.97円)

・TOPIX:1,582.85(-26.64)

・日経ジャスダック平均株価:3,433.22円 (-14.14円)

・東証マザーズ指数:955.65 (-5.47)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

2月完全失業率(8:30)
2月有効求人倍率(8:30)
3月都区部消費者物価指数(8:30)
2月鉱工業生産指数(8:50)
2月商業動態統計(8:50)

『海外』

米2月個人所得(21:30)
米2月個人支出(21:30)
米3月シカゴ購買部協会指数(22:45)
米2月新築住宅販売(23:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■アナリストよりワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストの江口です。

冴えない相場が続いていますが、
個別銘柄については妙味がありそうです。

相場が下げた場面で拾い集めていただけると
短期でも利益を取りやすく上昇余地も大きいと見ている
期待銘柄を本日17時に配信予定です。

お忙しい方は買い指値を入れての
お取組みも視野にご検討ください。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る