【3/29 株式ニュース】東京市場まとめ/口コミで評判の良かった株@日本投資機構株式会社

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■3月29日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米国株上昇や上海株の堅調推移を支えに反発。
国内の2月鉱工業生産指数も市場予想を上回る。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

29日の東京株式市場で日経平均株価は
前日比172円05銭高の2万1,205円81銭と反発。

前日の米国株市場で主要3指数が上昇し、
投資家心理が改善したことで買いが先行する展開となりました。

経済産業省が朝方発表した2月の鉱工業生産速報は
市場予想の+1.0%を上回る+1.4%と4ヶ月ぶりのプラスとなり
悪化の流れが止まったことで市場に安心感を与えております。

製造工業生産予測指数を見ても
3月、4月は小幅なプラスとなり懸念感が後退する材料に。

米中の貿易を巡る協議が進展するとの期待から
中国・上海株式相場が堅調に推移したことも相場の支えとなりました。

もっとも、28日の米債券市場では長期金利が上昇しましたが、
米欧の長期金利の下げ止まりが確認しづらいことから
下落一服を見極めたいとして上値を追う動きは限定的です。

年度末で国内外の大口投資家が売買を手控える中で、
個人投資家が材料株を物色する動きが目立っています。

日経平均株価の上昇を受け新興市場でも主力株に買いが入り
日経ジャスダック平均株価、東証マザーズ指数も反発して終了。

『海外』

29日午前の中国・上海株式相場で上海総合指数は大幅反発。

28日に再開した貿易摩擦を巡る米中閣僚級協議への
期待が相場を押し上げております。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場では、1ドル=110円75銭近辺と円安に傾倒。

米長期金利の上昇を受けて
日米の金利差拡大を意識した円売り・ドル買いが先行したほか、
中値決済に向けた国内輸入企業による円売りも見られました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■来週の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

国内で本日発表された2月の小売販売額は
前年同月比0.4%増と小幅な増加にとどまりました。

悪化は見られませんでしたが、
10月に控える消費増税による内需の減退も予想されるため
そろそろ警戒感が強まるタイミングです。

海外投資家から見れば「景気減速下で消費増税を控え、
中央銀行にも追加緩和の余地が限定的」な
日本には資金を投じにくいことでしょう。

マクロ環境を見ると今日から来週にかけて
各国の経済指標発表が続くことも
世界景気の減速度合いを見極めたいとの
ムードが強まっているため注意が必要です。

ただ、市場予想以上の悪化がなければ、
大きく下落する展開は想定しにくいため
銘柄の選別をきちんとすることにより
充分に利益が狙える相場になると見ています。

4月末から10連休を控えることもあり
海外投資家や機関投資家の資金流入には期待しにくく
日経平均株価は小動きとなりそうですが
個別銘柄の物色は進むとして来週の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:25,717.46ドル (+91.87)

・ナスダック:7,669.166 (+25.789)

・S&P500:2,815.44 (+10.07)

・為替 ドル円:110.62-110.63円 (+0.55)

『国内』

・日経平均株価:21,205.81円 (+172.05円)

・TOPIX:1,591.64(+8.79)

・日経ジャスダック平均株価:3,444.19円 (+10.97円)

・東証マザーズ指数:955.84 (+0.19)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■月曜日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

3月調査日銀短観(8:50)
3月新車販売台数(14:00)
3月軽自動車新車販売台数(14:00)
新元号公表
働き方改革関連法施行

『海外』

米2月小売売上高(21:30)
米3月ISM製造業景気指数(23:00)
米2月建設支出(23:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストの江口です。

本日で3月相場は終了ですが、
4月からは日経平均株価の上値が重い中で
銘柄の選別がより重要になりそうです。

「買い手」が限られる相場の中で
トレンドを逸してしまった銘柄は
ずるずると右肩下がりになりやすいでしょう。

売り時を逃してしまってまだ持っているものがある場合は
相談に乗りますのでお気軽にご連絡ください。

皆様にご利益を狙っていただけるよう頑張って参りますので
来月もよろしくお願いいたします。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る