【4/25 株式ニュース】前場市況まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■4月15日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米主要3指数の上昇や円安傾倒を好感して買いが先行。
日米貿易協定交渉への警戒感が上値の重しか。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は米主要3指数の上昇や為替の円安傾倒を好感し、
大型株や景気敏感株を中心に
買いが先行する展開となりそうです。

日経平均株価が昨年12月4日以来となる
2万2,000円台回復する期待もできるでしょう。

ただ本日から日米貿易協定交渉が始まり、
茂木再生相とライトハイザーUSTR代表が
ワシントンにて協議を行う予定。

ムニューシン氏は日米貿易協定交渉で
通貨切り下げを自制する為替条項を求める考えを示しており、
円高への警戒感を招く可能性もあるため
10連休前の景気敏感株については
ここ数日が一旦天井になる可能性にも
注意したいとして本日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前週末の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は
前日比269ドル25セント高の2万6,412ドル30セントと大幅反発。

JPモルガン・チェースが朝方発表した1~3月期決算は
純金利収入が堅調に伸び、純利益は前年同期比5%増と
市場予想を上回る増収増益となりました。

これを受けて市場心理が改善し、
翌週に決算発表を控えるゴールドマン・サックスや
バンク・オブ・アメリカ、モルガン・スタンレーなどが大幅に上昇。

中国では12日に発表した3月の貿易統計で
輸出額の伸びが市場予想を大幅に上回り
中国景気への懸念が後退しています。

また、中国人民銀行(中央銀行)が
3月の人民建て銀行融資額の大幅な増加を発表し、
金融緩和による景気持ち直しへの期待感も波及。

世界景気減速への過度な懸念が後退し、
建機のキャタピラーや工業製品・事務用品のスリーエム(3M)など
中国売上高が大きい企業が上昇しました。

主力株の一角が上昇し、
ナスダック総合株価指数も反発しています。

『為替』

12日のニューヨーク外国為替市場で
円相場は1ドル=111円95銭~112円05銭と円安に傾倒。

12日発表の米銀行大手の決算をきっかけに
投資家のリスク選好姿勢が強まったことで
円には売りが優勢となりました。

『日経平均先物』

12日のシカゴ日経平均先物6月物は、前日比340円高の2万2,050円と続伸。

米銀大手JPモルガン・チェースの好決算や中国の輸出の伸びに加え
円相場の続落も支援材料となり、買いが入っています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:26,412.30ドル (+269.25)

・ナスダック:7,984.164 (+36.805)

・S&P500:2,907.41 (+19.09)

・為替 ドル円:112.02-112.03円 (+0.17)

『国内』

・日経平均株価:21,870.56円 (+159.18円)

・TOPIX:1,605.40(-1.12)

・日経ジャスダック平均株価:3,444.28円 (-11.51円)

・東証マザーズ指数:919.75 (-12.76)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

日米閣僚級による物品貿易協定交渉(ワシントン、~4/16)
米4月ニューヨーク連銀景気指数(21:30)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

日置電、ヨシムラフード、トウキョベース、
TKP、串カツ田中、バロック、
ウォンテッドリ、マネフォワ-ド、メタップス、
RPA、古野電、サマンサJP、ベルク

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストの石塚です。

本日は大型株や景気敏感株を中心に
買いが先行しそうですが、
新興市場や個別株についてはまちまちとなりそうです。

推奨銘柄については資金が大型株に流れ
トレンドを逸してしまう可能性もあるため、
様子を見つつ調子の良くない銘柄については
一旦の手仕舞いを推奨する予定です。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る