【5/16 株式ニュース】前場市況まとめ@日本投資機構株式会社

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■5月16日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米国株の上昇や、自動車関税見送りは好感されるも、
今朝伝わったファーウェイについての市場の反応には注意。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

前日の米国株市場で、
各国との貿易摩擦についての好材料が相次ぎ、指数は続伸。

また、トランプ氏が国家安全保障を理由に導入を検討している
自動車・同部品に対する最大25%の輸入関税を巡っては、
18日が判断の期限となっていましたが、
最大6ヶ月先送りする見通しだと伝わっています。

中国との交渉が難航しているため、そちらに注力する必要があり、
その間に欧州連合(EU)や日本との関係が
一段と悪化するのは避けたいということでしょうが、
日本株にとっては米国との摩擦が緩和するとして好材料となりそうです。

一方で、米商務省は15日、安全保障上の懸念がある外国企業のリストに
中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)を追加したと発表。

制裁対象のイランとの金融取引に関わったと指摘しており、
ファーウェイは米国のハイテク製品を事実上調達できなります。

部品調達を米国のサプライヤーに頼っているため
一部製品を販売することも難しくなり、経営に大きな影響が及ぶ可能性も。

前日の米国株続伸を好感し買いが先行したとしても
今朝がた伝わったこの報道が米中の対立が激化し得るとして
重荷となる可能性に注意したいとして本日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

15日の米株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比115ドル97セント高の2万5,648ドル02セントと続伸。

4月の米製造業生産は過去4ヶ月で3度目の低下となり、
対中貿易戦争が価格上昇やビジネス意思決定の複雑化を招き、
製造業が勢いを失いつつあることを示唆。

同月の米小売売上高も市場予想に反して減少しており、
中国からの輸入品残りほぼ全ての関税を25%に引き上げた場合、
小売業者はさらなる打撃を受ける可能性があります。

15日に発表の中国の4月の工業生産高が市場予想を下回ったこともあり
朝方は各指標を材料として世界景気の先行き懸念から売りが先行しました。

その後「米政権が自動車や同部品への追加関税導入の判断を
6カ月遅らせる」と伝わり、欧州や日本との貿易摩擦が和らぐとして
自動車株に加え、ハイテク株などにも買いが入り指数もプラスに転換。

また、ムニューシン米財務長官は米議会で、
カナダやメキシコに対する鉄鋼やアルミニウムへの
追加関税の撤廃を検討しているとも発言しています。

同氏は「(米の交渉団が)貿易協議を継続するために
早めの段階で訪中するだろう」とも述べており、
通商政策でトランプ米政権の強硬姿勢が変調するとの思惑が浮上。

ハイテク株に買いが入ったことで
ナスダック総合株価指数も続伸しています。

『為替』

15日のニューヨーク外国為替市場で、円相場は1ドル=109円55銭~65銭と横ばい。

15日に発表された低調な米中の経済指標を受け、円買いが先行しましたが、
米大統領が自動車への追加関税導入の判断を先送りする見通しと伝わると
低リスク通貨とされる円は伸び悩みました。

『日経平均先物』

15日のシカゴ日経平均先物6月物は前日比25円高の2万1,160円と小幅続伸。

朝安で始まった後、
米政権が自動車への追加関税導入の判断を6カ月間延期するとの報道を好感し、
米株とともに買いが入りました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:25,648.02ドル (+115.97)

・ナスダック:7,822.147 (+87.663)

・S&P500:2,850.96 (+16.55)

・為替 ドル円:109.65-109.66円 (-0.02)

『国内』

・日経平均株価:21,188.56円 (+121.33円)

・TOPIX:1,544.15(+9.17)

・日経ジャスダック平均株価:3,366.84円 (+0.64円)

・東証マザーズ指数:881.33 (+8.62)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

4月企業物価指数(8:50)
5年国債入札)

『海外』

米4月住宅着工件数(21:00)
米5月フィラデルフィア連銀景気指数(21:30)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

ダイニック、旭コンクリ、サイボー、
ミューチュアル、大同信、日タング、
ニュートンFC、ティラド、うかい、
住友不、日テレHD、東テク、
アイレックス、あおぞら、タカラレーベン

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■アナリストよりワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストの石塚です。

報道に左右される相場展開が続いております。

昨日発表された米中指標を見ると
実態経済も決して良くはありませんので、
目先の相場は横這いか、やや下向きで
考えておいた方がいいかと見ています。

空売りやベア型ETF買いなどを取り入れると
リスクヘッジになると見ていますので
手法などを知りたい方は是非お問い合わせください。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る