【5/24 株式ニュース】前場市況まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■5月23日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

中国企業に対する米国の制裁による世界的な経済不安が高まり、
総じて上値の重いな展開に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

5月の米製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)が市場コンセンサスを下回ったことが投資家心理を冷やしました。

つづく米中貿易摩擦悪化への懸念も、リスクオフ資産へ持ち高を傾ける要因となっております。

米国各企業がファーウェイとの関係を断つ中、日本ではパナソニックが部品供給停止を発表。

更にはmicroSDカードの権利団体、SD Associacionがホームページからファーウェイの名前を削除するなど、その包囲網は広がっております。

ファーウェイへの部品輸出を行う日本企業への影響も懸念され、機械、ハイテク産業への上値を圧迫する展開が想定されます。

為替も円高へ傾く中、外的要因に左右されにくい内需関連株への買いや、投機的な材料重視の小型株へ注目が集まるものとして本日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は、
286ドル14セント安の2万5,490ドル47セントと続落。

米中貿易摩擦の激化に対する懸念が高まる中、5月の米製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)が市場予想を下回った事なども嫌気され、金融、ハイテク株を中心とした下落が上値の重しとなりました。

ビレールのラマー・ビレール氏が「貿易戦争への短期的解決策があるという見方はますます弱まり、市場は明らかに動揺している」と述べた通り、リスクオフへのかじ取りが見られます。

総じて軟調な株式市場の中、公益事業や不動産関連株が買われていることもその裏付けに。

中国からの報復行為も予想される中では、安定資産へ持ち高を傾けることが想定されます。

『為替』

22日のニューヨーク外国為替市場で、
円相場は1ドル=109円48銭~63銭と円高に傾倒。

米中通商交渉の先行き不透明感から、安全資産とされる円へ持ち高を傾ける動きが加速しました。

『日経平均先物』

22日のシカゴ日経平均先物6月物は前日比370円安の2万0860円と続落。

続く米中貿易摩擦の激化懸念が上値の重しとなっております。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:25490.47ドル (-286.14)

・ナスダック:7628.28 (-122.56)

・S&P500:2822.24 (-34.03)

・為替 ドル円:109.45-109.63(-0.40)

『国内』

・日経平均株価:21,151.14円 (-132.23円)

・TOPIX:1,540.58(-5.63)

・日経ジャスダック平均株価:3,359.95円 (-10.92円)

・東証マザーズ指数:883.90 (-7.01)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

米4月耐久財受注(21:30)
《米決算発表》
フット・ロッカー

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのKanonです。

本日は週末要因の影響もあり、総じて上値の重い展開になりそうです。

ハイテク株の下落が懸念されますが、直近予定されているトランプ米大統領の来日を前に押し目を拾うことも視野に入れていいかもしれません。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る