【5/29 株式ニュース】前場まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■5月29日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米中摩擦の長期化が懸念され、投資家心理が悪化。
為替の落ち着きは支えとなるが昨日の上昇分は下落か。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

トランプ米大統領の発言により、
米中貿易摩擦の長期化が意識され
前日の米国株市場は下落して終了しています。

28日に発表された5月の米消費者信頼感指数が
昨年11月以来の高水準となるなど
トランプ米大統領の強硬姿勢の背景にある
「強い米国内消費」は顕在であるため、
目先は中国への圧力を強め続ける可能性も想定され
G20に合わせて両国首脳が対談するとの
期待も薄れつつあります。

米中摩擦の長期化を織り込みながらも
トランププットや、FRBによる利下げの思惑もあり、
景気敏感株には既に売られすぎ感があることから
上がらずも大きくは崩れない相場が続きそうです。

「懸念」は既に織り込んでいるため、
相場がもし崩れるとしたら、
経済指標など実態経済を示す数字が市場に
マイナスインパクトを与えた場合だと見ておりますが、
ここに貿易摩擦長期化の影響が
本格的に出てくるのは来月以降となりそうです。

相場のムードは決して良くはないですが、
為替がやや円安方向で落ち着いていることも支えとなり、
前日の上昇分を消化する程度の下落に留まるとして
本日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

28日のNY株式市場で、ダウ工業株30種平均は
前週末比237ドル18セント安の2万5,348ドル51セントと反落

寄り付きでは買いが先行しましたが、
トランプ米大統領が
「米国は(中国と取引する)準備はできていない」と発言し、
対中追加関税に対しても「大幅に上がるだろう」と述べたため
米中摩擦が長引くとの警戒感から
中国売上高比率の高い銘柄に売りが波及しています。

また、債券市場で米10年国債の利回りは2.26%と
2017年9月以来、1年8ヶ月ぶりの低さに低下。

長期金利が短期金利を下回る「逆イールド」も一段と進んでおり、
景気後退のリスクが意識される要因となりました。

利ざや縮小懸念から金融株にも売りが波及しています。

バイオ関連や半導体株が下落したことで、
ナスダック総合株価指数も下落し、
3月12日以来ほぼ2カ月ぶりの安値で終了。

『為替』

28日のNY外国為替市場で円相場は4営業日ぶりに小反落し、
前週末比05銭円安の1ドル=109円30~40銭で終了。

28日発表の5月の米消費者信頼感指数は前月から4.9ポイント上昇し、
134.1と昨年11月以来の高水準となったことで
米国経済の強さが意識され、ドル買いが優勢となりました。

『日経平均先物』

28日のシカゴ日経平均先物は前週末比110円安の2万1,015円と反落。

米中貿易交渉の一段の長期化懸念が広がり、
米株とともに売りが優勢となっています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:25,347.77ドル (-237.92)

・ナスダック:7,607.351 (-29.658)

・S&P500:2,802.39 (-23.67)

・為替 ドル円:109.33-109.34(-0.08)

『国内』

・日経平均株価:21,260.14円 (+77.56円)

・TOPIX:1,550.99(+3.99)

・日経ジャスダック平均株価:3,377.31円 (+4.11円)

・東証マザーズ指数:921.43 (+25.84)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

黒田日銀総裁が国際コンファランスであいさつ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのKanonです。

令和相場が始まってから
全体が大きく売られたことで
ボラティリティが上昇していたのですが、
徐々に市場は米中摩擦を織り込み
また動きのない状態に
戻ってしまった感があります。

値動きのいいIPO関連、低位株、
直近に材料が出た銘柄などに資金が集まりやすく、
大型株は動きにくい展開がしばらく続きそうです。

今の市場環境では短期での売買を推奨していますが、
売買が難しい場合は中長期目線でのお取組みも可能ですので
お気軽にご相談ください。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る