【5/29 株式ニュース】東京市場まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■5月29日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米中貿易摩擦の長期化が懸念され軟調な展開。
節目となる2万1,000円を睨んでの攻防に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

29日の東京株式市場で日経平均株価は
前日比256円77銭安の2万1,003円37銭と反落。

米中貿易摩擦の長期化が懸念され、
前日の米国株が下落、為替も円高方向に振れたことで
投資家心理が悪化、売りが優勢となりました。

前日の米国債市場で10年国債利回りが
約1年8ヶ月ぶりの水準に低下するなど
世界景気への懸念感が高まっています。

一時は2万1,000円を割り込み下げ幅を350円超に拡大しましたが、
為替が109円割れを回避したことで下げ幅を縮小して終了。

新興市場でもリスクオフの売りが優勢となりましたが、
外部環境の変化に影響を受けにくい内需株は物色され
ジャスダック平均株価、東証マザーズ指数は小幅に下落しています。

『海外』

29日午前の中国・上海株式相場は小幅反落。

中国はレアアース(希土類)の対米輸出制限を示唆し、
米中対立の激化につながるとの懸念が相場の重荷となりました。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=109円25~26銭と円高に傾倒。

日経平均株価が大幅に下げた場面で、
リスク回避を目的とした円買いが入っています。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

少し前まで相場の支えとなっていた
6月の20ヵ国・地域(G20)首脳会議で米中が協議し
貿易問題の解決の糸口となるという期待は、
トランプ米大統領の
「中国は(貿易協議で)合意したがっているが、
私たちにはその用意がない。
関税はどんどん急激に、容易に上がりうる」という
威嚇発言をきっかけにしぼみつつあります。

5月の米消費者信頼感指数が前月比で4.9ポイント上昇し
2018年11月以来の134.1という高水準を記録し
強い米国内消費を示したことは
トランプ米大統領が強硬姿勢を貫く理由にもなりますが、
中国側も国内強硬派へ配慮し簡単には譲らないでしょう。

米中貿易協議が長期化するのであれば、
米国による対中関税第4弾の発動、為替の円高傾倒など
日本業績に悪影響を与える材料につながり、
相場がもう一段下落する可能性も。

当面は下値を模索する展開が想定され、
まずは明日、日経平均株価が2万1,000円を維持できるかどうかが
焦点になるとして明日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:25,347.77ドル (-237.92)

・ナスダック:7,607.351 (-29.658)

・S&P500:2,802.39 (-23.67)

・為替 ドル円:109.21-109.22(-0.12)

『国内』

・日経平均株価:21,003.37円 (-256.77円)

・TOPIX:1,536.41(-14.58)

・日経ジャスダック平均株価:3,362.91円 (-14.40円)

・東証マザーズ指数:920.59 (-0.84)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

2年国債入札

『海外』

米1-3月期GDP改定値(21:30)
米4月NAR仮契約住宅販売指数(23:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

明日は日経平均株価が2万1,000円を
維持できるかどうか、
少し大事な日となりそうです。

維持できれば以前からお伝えしていたとおり
2万1,000円から2万4,000円の
レンジ相場の継続を想定しますが、
割った場合は相場が更なる下値を
模索する展開となってしまいます。

テクニカル、ファンダメンタルズ面どちらから見ても
売られすぎ感のある銘柄が多いため
過度に懸念はしていませんが
念のため注意しておきましょう。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る