【6/3 株式ニュース】東京市場まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■6月3日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

株価指数先物売り、円高進行が重荷。
輸出関連銘柄を中心に軟調に展開に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

3日の東京株式市場で日経平均株価は
前週末比190円31銭安の2万410円88銭と続落。

米国発の貿易摩擦が激化したことで
世界景気の減速懸念が強まり、
リスク回避の売りが先行する展開となりました。

米シカゴ市場の時間外取引で
米株価指数先物が軟調に推移したことから、
海外ヘッジファンドなどの株価指数先物の売りが加速。

また、外国為替市場で1ドル=108円台前半まで
円高が進行したことで
輸出企業の採算悪化が懸念されています。

一方で、今日発表の5月中国製造業PMIは50.2と
4月から横ばいとなり
底堅さが見られたことは支えになっています。

不動産関連が小じっかりとした推移をみせたほか、
電気・ガス、陸運などディフェンシブ関連を中心に、
買いが入ったことも指数の支えに。

個人投資家もリスク回避姿勢を強め、
ジャスダック平均株価、東証マザーズ指数も続落しています。

『海外』

3日午前の中国・上海株式相場は続落。

中国商務省は2日に米国との貿易協議に関する報告書を発表し、
協議決裂について「米国に完全に責任がある」と非難し、
米中両国の対立が激化するとの警戒が強まっています。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=108円09~10銭と円高に傾倒。

米中を中心とした貿易戦争の悪化が世界経済の減速につながるとの懸念から
相対的に安全な通貨とされる円に買いが集まっています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

短期でのトレンドは下向いておりますので、
短期目線でのヘッジファンドなどは
日経平均株価の2万円割れを見て売り姿勢を強めています。

VIX指数は18台まで上昇してきていますが
警戒水域とされる20には届いておらず、
本日日本時間23時に発表の
米5月ISM製造業景況指数が市場予想を下回るなど、
一段と市場心理が悪化することがあれば、
週内の日経平均株価2万円割れもあり得るでしょう。

一方で、日経平均株価の2万円割れ水準は割安感が強いとして
中期目線であれば是非買いで狙いたいとの声も。

米中摩擦の長期化は懸念されるものの
両国の要人発言により市場心理が改善する可能性もあり、
日経平均株価が2万円に近づいた場面では
下げ止まりを見極めつつ買いに入りたいとして
明日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:24,815.04ドル (-354.84)

・ナスダック:7,453.148 (-114.568)

・S&P500:2,752.06 (-36.80)

・為替 ドル円:108.26-108.27(-0.51)

『国内』

・日経平均株価:20,410.88円 (-190.31円)

・TOPIX:1,498.96(-13.32)

・日経ジャスダック平均株価:3,294.43円 (-45.02円)

・東証マザーズ指数:872.41 (-31.78)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

5月マネタリーベース(8:50)
10年国債入札

『海外』

FRBが金融政策に関する会議(~6/5)
米4月製造業受注(23:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストの江口です。

本日は推奨銘柄の下落により
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

挽回のため、
本日会議にて推奨銘柄の候補を選定し、
明日明後日で相場の下げ止まりを見極めつつ
皆様にご推奨いたしますので、
少しだけお待ちいただければと思います。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る