【6/7 株式ニュース】東京タイムまとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■6月7日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

FRBによる利下げ期待を支えに堅調も、
投資家の様子見姿勢は強く売買は低調。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

7日の東京株式市場で日経平均株価は
前日比118円95銭高の2万892円99銭と反発。

前日の米株式相場で主要3指数やSOX指数が上昇し、
投資家心理が改善したことで、値がさ株などに買いが先行しました。

米連邦準備理事会(FRB)が利下げに動くとの観測が
相場の支えとなっております。

日本時間7日夜には5月の米雇用統計が発表されますが、
非農業部門の雇用者数の伸びが4月から鈍化すると予想されているため
利下げ観測が強まり、さらなる株価上昇に繋がるとの期待も。

市場の変動率を表す
日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)は一時17.3と、
取引時間中としては4月26日以来
およそ1カ月半ぶりの低水準をつけています。

しかし、週末にも米国と
メキシコの不法移民問題に関する協議は続き
10日からの追加関税発動の有無が決定するほか、
5月の米雇用統計に対する市場の反応も見極めたいとして
終日を通して売買は低調となりました。

為替や日経平均株価の落ち着きを好感し、
個人投資家の心理が上向いたことで
ジャスダック平均株価、東証マザーズ指数も反発。

『海外』

本日は中国(上海・深?)と香港、台湾、インドネシアが
端午節で休場となっています。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=108円46~47銭と円安に傾倒。

リスク回避の円買いは一服しましたが
今夜に米雇用統計の発表も控えることから、
投資家は様子見姿勢を強めています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■来週の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

今週末の注目ポイントは、
①5月米雇用統計
②米国とメキシコの不法移民問題に関する協議
の2点です。

米雇用統計は「あまり良くない」という見方が多く、
良くなければFRBが利下げに動く可能性が高まり
株式市場は上昇するとの期待も。

しかし、そうなれば為替が1ドル=107円台まで
円高方向に動く可能性もあるため注意が必要です。

米国とメキシコの不法移民問題に関する協議については
関税が10日より発動される可能性は半々くらいだと見ています。

もし発動されたとしても、
両国の関係がそこまで悪化しているわけではありませんし、
米国経済への影響も限定的であることから
相場が下げても一時的だと分析。

また、市場全体へのインパクトは大きくはないと見ていますが
8、9日には福岡市で20ヵ国・地域(G20)
財務相・中央銀行総裁会合が開かれます。

為替や金融政策について何らかの声明が出る可能性もありますし、
日本にとっては注目すべきイベントでしょう。

来週に入ると、中国の重要経済指標発表が続きます。

10日に5月中国貿易統計、
12日に中国消費者物価指数と生産者物価物価指数、
14日には5月中国都市部固定資産投資、鉱工業生産、小売売上高が
発表を予定されており、
米国の雇用統計と同様に政策期待との綱引きとなりますが
日本の前場中に発表されるので
値が揺れる可能性があるとして注視したいところです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:25,720.66ドル (+181.09)

・ナスダック:7,615.553 (+40.078)

・S&P500:2,843.49 (+17.34)

・為替 ドル円:108.43-108.44(+0.20)

『国内』

・日経平均株価:20,892.99円 (+118.95円)

・TOPIX:1,532.25(+7.34)

・日経ジャスダック平均株価:3,344.58円 (+14.48円)

・東証マザーズ指数:883.85(+4.48)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■月曜日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

1-3月期GDP改定値(8:50)
4月経常収支(8:50)
5月景気ウォッチャー調査

『海外』

中国5月貿易収支
米国がメキシコからの輸入品すべてに5%の追加関税
休場:豪、独

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

本日11時、気象庁が関東甲信地方、
東海地方、北陸地方、東北南部が
梅雨入りしたとみられると発表。

せっかくの金曜日ですが、
全国的に激しい雨に注意との報道が出ています。

株式市場についても今週末は注視すべきイベントが多く、
来週から相場の流れが変わってくる可能性もあるため
私は家でゆっくり市況や銘柄を分析する予定です!

月曜日には相場の方向感を見つつ
複数銘柄を推奨する予定ですので
是非楽しみにお待ちいただければと思います。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る