【6/12 株式ニュース】東京市場まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■6月12日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

4月の機械受注統計は市場予想を上回るも、
先行き警戒感から利益確定売りが優勢となり反落。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

12日の東京株式市場で日経平均株価は
前日比74円56銭安の2万1,129円72銭と反落。

寄り付き前に発表された4月の機械受注統計によると、
設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額は
前月比5.2%増(季節調整済み)となり、
3ヶ月連続で前月を上回る結果に。

市場予想は前月比で0.8%の減少を見込んでいただけに
先々の受注持ち直しに期待した買いが相場の支えとなりました。

基調判断も3月までの「足踏み」から
「持ち直しの動き」へと上方修正されています。

しかし、今回の統計は4月時点での受注動向ですので
5月以降に深刻化した米中貿易摩擦の影響は含まれておらず、
先行きの不透明感も強い状態です。

上海や香港の株式相場が下げて始まったことから
戻り待ちの売りが出やすくなり、
日経平均株価は下落して終了となりました。

5月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、
街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整済み)は
2年11カ月ぶり水準の低さとなっており、
10月に控える消費増税後の国内消費落ち込み懸念があることからも
内需株も積極的には上値を追いにくい印象。

来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)や
月末の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を前に
東証1部の売買代金は2兆円割れが続いています。

材料が出た銘柄などに物色の矛先が向いたことで
ジャスダック平均株価、東証マザーズ指数も続伸して終了。

『海外』

12日午前の中国・上海株式相場で上海総合指数は反落。

指数が前日にほぼ1ヶ月ぶりの高値を回復したことで
いったんの利益確定売りが優勢となりました。

朝方発表の中国の5月の物価統計は市場予想と同水準で、
材料とした売買は限られています。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=108円48~49銭と円高に傾倒。

日米の株式相場が上げ止まったことで
円買いがやや優勢となりましたが、
日本時間今夜に5月の米消費者物価指数(CPI)の発表や、
ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の講演を控え、
様子見ムードが強まっています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

さすがに日経平均株価も上げ止まり、
上ひげ陰線をつけて終了していることから
明日以降は相場の調整局面を迎えると分析。

下げても2万1,000円付近で止まってくれれば
強気に買い続けていってもいいと見ていますが、
金曜のメジャーSQ、来週の米FOMCなど
重要イベントが続き、先行き不透明感は強いです。

一方で、主力株の手掛けにくさから
テーマ株や中小型株の盛んな物色には期待ができるでしょう。

少し警戒感を強めつつ
値動きの軽い銘柄で短期的な利益確定を
狙っていきたいとして明日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:26,048.51ドル (-14.17)

・ナスダック:7,822.566 (-0.603)

・S&P500:2,885.72 (-1.01)

・為替 ドル円:108.33-108.34(-0.27)

『国内』

・日経平均株価:21,129.72円 (-74.56円)

・TOPIX:1,554.22(-7.10)

・日経ジャスダック平均株価:3,369.46円 (+1.50円)

・東証マザーズ指数:901.97(+0.10)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

4-6月期法人企業景気予測調査(8:50)
4月第3次産業活動指数(13:30)
30年利付国債

『海外』

米5月輸出入物価指数(21:30)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストの江口です。

今月はリスクイベントを多く控えるため、
そろそろ空売りや1357 日経ダブルインバースなどの
ベア型ETFの買いでリスクヘッジをしても良い局面。

買い推奨につきましては
相場に逆行しての上昇に期待のできる銘柄を
明日以降の日経平均株価の様子を見てから
推奨していければと思います。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る