【6/13 株式ニュース】東京市場まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■6月13日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

香港での大規模デモも投資家心理悪化の材料に。
売り先行も日経平均は2万1,000円を維持して終了。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

13日の東京株式市場で日経平均株価は
前日比97円72銭安の2万1,032円00銭と続落。

前日の米国株市場で主要3指数が下落し、
東京市場でも幅広い銘柄に売りが先行しました。

また「逃亡犯条例」改正を巡る大規模デモの影響が懸念され
香港市場でハンセン指数が下落したことも投資家心理を冷やし
2万1,000円前後の安値圏でもみ合う展開に。

明日のメジャーSQ算出を2万1,000円付近で
着地させたいとの思惑もはたらいている模様です。

前日の米国株市場では、
エバコアISIによる半導体メモリーの需給改善が遅れると指摘を受け
フィラデルフィア半導体(SOX)指数が下落、
東京市場でも半導体関連銘柄の下落が目立っています。

為替が一時108円10銭台まで下落したことも
売り材料となりました。

引け前には香港株式相場の下げが一服したことで、
下げ幅を縮小して終了しています。

日経平均株価が下落したことで、
新興株にもリスク回避の売りが出て、
ジャスダック平均株価、東証マザーズ指数も反落。

『海外』

13日午前の中国・上海株式相場で上海総合指数は小幅反発。

中国政府による追加の景気下支え策への期待が支えとなり、
指数は午前の取引終了間際に上昇に転じています。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=108円35~36銭と円高に傾倒。

オーストラリア(豪)統計局が10時30分に発表した
豪雇用統計をきっかけに豪労働市場の先行き不透明感から豪利下げ観測が強まり、
対円での豪ドル売りが加速しました。

対ドルにも波及したことで、
円高ドル安が進行し、一時は108円17銭近辺まで上昇する場面も。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

財務省と内閣府が13日に発表した法人企業景気予測調査では、
19年度の設備投資計画は前年度比9.0%増と
前回調査(6.2%減)から大幅に改善。

しかし、円高による企業収益の圧迫に加えて、
世界景気の減速も懸念されており、油断はできません。

本日の日経平均株価は2万1,000円を維持して終了しましたが
明日はメジャーSQを控えることから
SQ値を2万1,000円付近にしたいとの思惑も感じられます。

SQ通過後も2万1,000円を維持できるかどうか注視したいです。

週末ですのでどうしても手仕舞い売りが出やすいと見ていますが、
FRBによる利下げ期待が下支えしてどの程度機能するか見極めつつ
内需関連などを押し目で拾っていきたいとして
明日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:26,004.83ドル (-43.68)

・ナスダック:7,792.720 (-29.846)

・S&P500:2,879.84 (-5.88)

・為替 ドル円:108.30-108.31(-0.01)

『国内』

・日経平均株価:21,032.00円 (-97.72円)

・TOPIX:1,541.50(-12.72)

・日経ジャスダック平均株価:3,362.74円 (-6.72円)

・東証マザーズ指数:894.20(-7.77)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

メジャーSQ

『海外』

中国5月固定資産投資(11:00)
中国5月鉱工業生産(11:00)
中国5月小売売上高(11:00)
米5月小売売上高(21:30)
米5月鉱工業生産(22:15)
米4月企業在庫(23:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストの江口です。

相場の流れが変わってきているので
明日に全体感を見極めつつ
新しい銘柄を推奨する予定です。

週末なので引け前のお買付けが
利益を取りやすいと見ておりますので、
是非狙っていただければと思います。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る