【6/13 株式ニュース】前場市況まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■6月13日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

メジャーSQ、18~19日のFOMCを前に様子見ムード強まる。
これ以上の上値は重いとして、利益確定売りが優勢に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米FRBが利下げに動くとの期待が相場を押し上げてきましたが、
過去の景気後退局面では
徐々に利下げだけでは
実体経済や金融情勢の悪化を食い止められなくなり、
株価は翌年にかけて大きく下落。

メインシナリオとしては
今年~来年の間に大きな下落局面を迎える可能性もありますが、
AI、IoTなどの次世代テーマがキーとなり
株価が切り返す展開を描いています。

相場の上げ下げには上手く乗れるように
サポートさせていただければと思います。

また、現在投資家は年2~3回の利下げを織り込み
市場金利はすでに0%へ近づきつつあるため、
18~19日でパウエル議長が
市場予想よちも利下げに慎重な見方を示せば
失望売りが波及する可能性も。

明日にはメジャーSQを控えることも
様子見ムードを強める要因になりやすいです。

世界景気の先行き懸念から動きにくい相場が続いていますが、
2万1,000円を割り込んで売り込むような新しい材料もないため
底堅さを好感した短期目線の物色が中心になるとして
本日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

12日のNY株式市場で、ダウ工業株30種平均は
前日比43ドル61セント安の2万6,004ドル90セントと続落。

エバコアISIが半導体メモリーの需給改善が遅れると指摘し、
半導体関連銘柄に売りが波及しました。

また、前日にニューヨークで開かれた金融業界の会合で、
シティグループやモルガン・スタンレーなどが
4~6月期のトレーディング収入が低迷したと明らかにしたため
金融株に軒並み売りが波及。

トランプ米大統領は、
中国が以前突き返した条件に合意しない限りは、
中国との貿易協定の締結には関心がないとの考えを表明し
米中摩擦の長期化懸念が強まったことも重しとなっています。

商品相場では原油先物相場も大幅下落となりました。

一方で、米労働省が発表した5月の消費者物価指数(CPI)の
上昇率は前年同月比1.8%と前月から0.2ポイント縮小し、
1.9%程度の市場予想も下回る結果に。

物価上昇の圧力が弱まったことで
FRBが利下げに動きやすくなるとの見方が
相場の支えとなりました。

半導体関連株が軟調に推移したことで
ナスダック総合株価指数も続落しています。

『為替』

12日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=108円45~55銭と横ばいに。

5月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回り、
円買い・ドル売りが先行しましたが
英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感から
ドルが対ポンドなど欧州通貨に対して上昇すると、
対円でもドル買いが勢いを増し、一進一退の展開に。

『日経平均先物』

12日のシカゴ日経平均先物は前日比155円安の2万1,035円と反落。

米中貿易摩擦の先行き警戒感が根強く、
米株とともに売りが優勢となりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:26,004.83ドル (-43.68)

・ナスダック:7,792.720 (-29.846)

・S&P500:2,879.84 (-5.88)

・為替 ドル円:108.46-108.47(+0.15)

『国内』

・日経平均株価:21,129.72円 (-74.56円)

・TOPIX:1,554.22(-7.10)

・日経ジャスダック平均株価:3,369.46円 (+1.50円)

・東証マザーズ指数:901.97(+0.10)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

4-6月期法人企業景気予測調査(8:50)
4月第3次産業活動指数(13:30)
30年利付国債

『海外』

米5月輸出入物価指数(21:30)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

カイカ、ラクーンHD、Bガレージ、
トーエル、稲葉製作、ラクスル、
ウエスコHD、鎌倉新書、ヤーマン、
小林産、正栄食、ドーム

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【7064】ハウテレビジョン
2019年のIPO。決算通過で買いやすさが強まる。

・【4441】トビラシステムズ
2019年のIPO。決算通過で買いやすさが強まる。

※アナリストの注目銘柄、話題株のご案内で
 売買推奨ではございません。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのKanonです。

ひとまず日経平均株価は2万1,000円で下げ止まりそうなので、
相場全体の流れを見極めつつ銘柄を推奨していく予定です。

弊社では上昇期待値の高い銘柄を
損失を限定できる安い価格帯で推奨していますので、
レポートを参考に、きちんとお取組みしていただければと思います。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る