【6/17 株式ニュース】前場市況まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■6月17日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

タンカー攻撃の影響を受け原油相場が上昇。
日銀の金融政策決定会合を前に足元は限定的だが
方向感のない展開か。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

本日はNY市場の流れを受け、方向感のない
相場展開が想定されます。

当面の材料としてはFOMCと日銀の金融政策決定会合と見ていますが、
タンカー攻撃などの地政学リスクの高まりといった、
外部要因次第では日経平均株価は21,000円を大きく下方に下抜ける可能性も。

米市場ではハイテク株が中心に売り込まれており、特に半導体株全般に
売り圧力が波及していることから、国内市場もハイテク株を中心に
弱い展開になるとして、本日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

14日のNY株式市場は前日比17ドル19セント安の
2万6,089ドル61セントと反落。

ホルムズ海峡近くで石油タンカー2隻が攻撃され、
原油供給の先行き不透明感から原油相場が上昇。

また米中貿易摩擦を見極めたいとの思惑が根強く、
ポンぺオ国務長官がタンカー攻撃をイランの責任と断定したことで
地政学リスクが台頭したことで上値は限定的となっています。

半導体株全般に売りが加速したものの、
26,000ドル台を維持して取引を終えています。

『為替』

前週末の海外市場で買いが優勢となったことで
108円台半ばでしっかりの展開が想定されます。

強めの米指標を足掛かりに相場の買い支えは
厚いと見ています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:26,089.61ドル (-17.16)

・ナスダック:7,796.66 (-40.47)

・S&P500:2,886.98 (-4.66)

・為替 ドル円:108.54

『国内』

・日経平均株価:21,116.89円 (+84.89円)

・TOPIX:1,546.71(+5.21)

・日経ジャスダック平均株価:3,382.55円 (+19.81円)

・東証マザーズ指数:912.90(+18.70)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

5月首都圏マンション販売(13:00)

『海外』

米6月ニューヨーク連銀景気指数(21:30)
米、対中関税「第4弾」の発動に関する公聴会を開催予定

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

ツルハHD、西松屋チェ、アークランド

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【6664】オプトエレクトロニクス
セルフレジ関連銘柄として循環物色が加速中。

・【3784】ヴィンクス
キャッシュレス関連銘柄として、政策期待が株価上昇を後押し。

・【6638】ミマキエンジニアリング
自己株式取得を好感視した買いが集中していく可能性も。

※アナリストの注目銘柄、話題株のご案内で
売買推奨ではございません。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る