【6/20 株式ニュース】前場市況まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■6月20日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

FOMCの結果発表が好感されたことは支えも、
為替の円高傾倒が重荷となり上値は重い。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果には、
サプライズ感に欠ける印象も抱きますが
米国株はこれに「買い」で応えています。

米国株が利下げ期待を背景に最高値更新を目指し
出遅れ感のある日本株にも
徐々に買いが入ってくる期待ができるでしょう。

また、月末のG20では米中が会談を行う見通しで
ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が
中国の劉鶴副首相と電話で協議する計画を明らかにしています。

公式な通商協議が再開されるかどうかは
なお不透明だと述べていますが、
中国、半導体関連などを中心として売りにくくなると見ており
相場の支えとなりそうです。

一方で、米利下げ見通しが強まったことから
円高ドル安が進行しており、
前日に大幅上昇したこともあるため
本日は上値も追いにくく、
為替を睨みながら揉み合う展開が想定されるでしょう。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

19日のNY株式市場で、ダウ工業株30種平均は
前日比38ドル46セント高の2万6,504ド00セントと続伸。

5月3日以来の高値を付けており、史上最高値が迫っています。

米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を受けて
年内利下げ観測が強まり
株式市場に資金流入が続くとの見方から買いが入りました。

FOMCの声明には、今後の経済指標を見極めたうえで
「米景気拡大を維持するために適切に行動する」との文言が追加され、
同時に公表したFOMCメンバーの政策金利見通しでは
17人中8人が年内の利下げ予想を提示。

前回3月時点で利下げ予想がゼロだったことから
ハト派姿勢の強まりが好感されています。

アマゾン・ドット・コムなど主力ハイテク株の一角や、
バイオ製薬銘柄に買いが入り、
ナスダック総合株価指数も続伸しています。

『為替』

19日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=108円05~15銭と続伸。

FRBが金融緩和に前向きとの見方が一段と強まり、
日米金利差の縮小が意識されたことで
ドル売り・円買いが膨らんでいます。

『日経平均先物』

19日のシカゴ日経平均先物は前日比95円高の2万1,285円と続伸。

米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を受け、
年内の利下げ期待が広がり米株とともに買われています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:26,504.00ドル (+38.46)

・ナスダック:7,987.323 (+33.440)

・S&P500:2,926.46 (+8.71)

・為替 ドル円:108.04-108.05(-0.34)

『国内』

・日経平均株価:21,333.87円 (+361.16円)

・TOPIX:1,555.27(+26.60)

・日経ジャスダック平均株価:3,382.86円 (+15.53円)

・東証マザーズ指数:896.51(+6.21)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

黒田日銀総裁会見
4月全産業活動指数(13:30)
5月コンビニエンスストア売上高(16:00)

『海外』

EU首脳会議(~6/21)
米1-3月期経常収支(21:30)
米6月フィラデルフィア連銀景気指数(21:30)
米5月景気先行指数(23:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【7066】ピアズ
本日上場のIPO銘柄。低く寄り付けばチャンスとなる可能性も。

※アナリストの注目銘柄、話題株のご案内で
 売買推奨ではございません。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのKanonです。

FOMCを何事もなく通過したため
当面は下支えの強い相場展開を想定しています。

パウエル議長も市場への配慮が
上手になりましたね…!

銘柄推奨もお出ししていきますので、
是非積極的に買い付けていっていただければと思います。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る