【6/21 株式ニュース】前場市況まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■6月21日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

S&P500指数が過去最高値を更新、
円高進行は重荷になるも、下支え強い展開に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

当面は緩和的な金融政策への期待から
世界的に株高傾向が続くと見ています。

日本株にとっては円高進行が重荷となりますが、
為替動向を織り込みながらも
日経平均株価が上向く展開を想定しています。

来週の米中首脳会談は、
以前市場が織り込んだ「両国の協議継続は難しい」という
最悪のシナリオを回避できたとだけでプラスの材料。

両国の関係が著しく険悪にならない限りは、
緩和的な金融政策への期待が上回り
株高を崩す要因にはなりにくいでしょう。

リスク要因の少ない週末ですので
引け前に銘柄を仕込んでいきたいです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

20日のNY株式市場で、ダウ工業株30種平均は
前日比249ドル24セント高の2万6,753ド24セントと続伸。

4月23日につけた年初来高値を更新しています。

また、機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は
4月に付けた過去最高値を更新。

前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を受けて
早期の米利下げ観測が強まったことで買いが続いています。

来週のG20で開かれる米中首脳会談で
両国の協議に何らかの進展があるとの期待から
中国売上高比率の高い銘柄にも買いが波及。

一方で、トランプ米大統領が
「イランはとても大きな過ちを犯した」とツイッターに投稿し
米国とイランの緊張が高まるとの警戒感から
伸び悩む場面も見られましたが、
その後同氏は「意図的な撃墜とは信じがたい」とも述べ、
引けにかけて株買いが再開しました。

イラン情勢を受けて原油先物相場が大きく上昇、
石油関連株に買いが波及しています。

主力ハイテク株にも買いが広がり
ナスダック総合株価指数も続伸しています。

『為替』

20日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=107円25~35銭と続伸。

米・イランの対立激化で中東の地政学リスクが高まり、
運用リスクの回避時に買われやすい円が買われています。

『日経平均先物』

20日のシカゴ日経平均先物は前日比145円高の2万1,430円と続伸。

19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を受け
早期利下げを期待する買いが続いています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:26,753.17ドル (+249.17)

・ナスダック:8,051.340 (+64.017)

・S&P500:2,954.18 (+27.72)

・為替 ドル円:107.31-107.32(-0.36)

『国内』

・日経平均株価:21,462.86円 (+128.99円)

・TOPIX:1,559.90(+4.63)

・日経ジャスダック平均株価:3,398.62円 (+15.76円)

・東証マザーズ指数:907.88(+11.37)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

政府が経済財政運営の基本方針(骨太の方針)を閣議決定
5月消費者物価指数(8:30)

『海外』

米5月中古住宅販売(23:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【6067】インパクト
過去に推奨していた銘柄。
75日線の下で揉み合って戻ってきているので買い時だと見ています。

・【6533】オーケストラ
過去に推奨していた銘柄。最高値を更新しています。

※アナリストの注目銘柄、話題株のご案内で
 売買推奨ではございません。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのKanonです。

本日も銘柄配信を予定しています。

金曜ですので、引け前の14時以降に
お買付けをすると利益を取りやすいと見ています。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る