【6/26 株式ニュース】前場市況まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■6月26日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

ダウ平均の下落を嫌気し売りが先行する展開に。
米中会談期待で2万1,000円付近では買いも。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米国市場はほぼ100%の確率で
7月の利下げを織り込んでいましたが、
パウエルFRB議長などが慎重な姿勢を見せたため
適切なところまで資金の巻戻しが起こるかもしれません。

一方で、米中協議については
「米国がさらなる対中関税発動を保留にすることに前向き」、
「両国とも相手から大幅な譲歩を引き出したいと望んでおり、
今回の首脳会談で具体的な通商合意に至るとは予想しないものの、
関税の報復合戦をトーンダウンし、交渉を再開して
金融市場の不安解消につながるような休戦を目指すことで一致」していると
伝わっており、週末の首脳会談へ向けた期待感が支えとなりそうです。

また、米半導体大手のマイクロン・テクノロジーが25日の決算説明会で
中国のファーウェイへの出荷を法的に問題のない製品に限り、
再開したと発表し、株価が10%上昇、半導体関連株には下支え要因です。

本日は6月期や12月期決算企業の配当権利落ち日にあたるため、
日経平均株価は権利落ち分のみで30円程度の下落が見込まれるほか、
昨夜のダウ平均の下落も嫌気され売りが先行しそうですが、
為替が1ドル=107円を節目に円高進行が一服していることや
米中首脳会談への期待を支えに、
2万1,000円付近では下支えの強い展開が想定されるとして
本日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

25日のNY株式市場で、ダウ工業株30種平均は
前日比178ドル76セント安の2万6,548ドル78セントと反落。

パウエルFRB議長は25日の講演で
「(貿易摩擦などの)不確実性に対して
利下げが必要か精査している」と述べました。

また、FRB高官の中で最もハト派寄りとされている
セントルイス連銀のブラード総裁も
7月の利下げを巡り「0.50%はやり過ぎだ」と発言。

7月にも利下げに踏み切るとの期待が後退し、
売りが優勢となりました。

また、6月の米消費者信頼感指数は121.5と前月から9.8ポイント低下し、
市場予想(131.0)を大幅に下回る1年9カ月ぶりの低水準に。

5月の新築住宅販売件数も金利低下で増加を見込んでいた市場予想に反し、
前月比7.8%減、5カ月ぶりの低水準となり、
米景気の先行きが懸念されたことも重しとなっています。

アナリストが「株価水準が高すぎる」と指摘した
マイクロソフトが3%下落したほか、
アルファベットやフェイスブックなど主力株が売られ
ナスダック総合株価指数は続落しています。

『為替』

25日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=107円15~25銭と円高に傾倒。

低調な米経済指標の発表を受けて
円買い・ドル売りがやや優勢となりました。

『日経平均先物』

25日のシカゴ日経平均先物は前日比125円安の2万1,040円と続落。

米国の早期利下げ観測の後退や低調な米景気指標を手掛かりに、
米株とともに売られています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:26,548.22ドル (-179.32)

・ナスダック:7,884.717 (-120.979)

・S&P500:2,917.38 (-27.97)

・為替 ドル円:107.16-107.17(+0.12)

『国内』

・日経平均株価:21,193,81円 (-92.18円)

・TOPIX:1,543.49(-4.25)

・日経ジャスダック平均株価:3,387.09円 (-3.62円)

・東証マザーズ指数:885.19(-8.20)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

米5月耐久財受注(21:30)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

瑞光、ヒマラヤ、オークワ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【8165】千趣会
超低PER銘柄。信用売りの買い戻しに期待。

・【6562】ジーニー
広告事業について「TikTok Audience Network」との提携を発表。

※アナリストの注目銘柄、話題株のご案内で
 売買推奨ではございません。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのKanonです。

少し相場のボラティリティが高くなっている印象です。

マクロの材料をひとつひとつ見ていくと
そこまで懸念することはないと見ていますが、
なるべく全体が下落した日に銘柄を仕込み、
上がっている日は売りで考えていくのがコツでしょう。

銘柄配信も本日予定しておりますので、
楽しみにお待ちください。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る