【6/28 株式ニュース】東京市場まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■6月28日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米中首脳会談控え様子見姿勢が強まり、
マイナス圏でもみ合う展開に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

27日の東京株式市場で日経平均株価は
前日比62円25銭安の2万1,275円92銭と反落。

米中通商協議が再開され、
トランプ米大統領が対中追加関税を猶予するという流れが
メインシナリオとなっていますが、
トランプ大統領が態度を硬化させる可能性も残るため
マイナス圏でもみ合う展開となりました。

為替が1ドル=107円後半とやや円高方向に振れたことも重荷に。

一方で、前日の米国株市場での流れを引き継ぎ
半導体関連銘柄は総じて堅調な推移を見せました。

午前中に開催された日米首脳会談については
目新しい材料もなく、市場の反応は限定的です。

好材料が出た銘柄や時価総額の多い銘柄に買いが入り
ジャスダック平均株価、東証マザーズ指数も続伸しています。

『海外』

28日午前の中国・上海株式相場で上海総合指数は反落。

29日の米中首脳会談を控え、結果を見極めたいとして
いったん目先の利益を確保する売りが優勢となりました。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=107円64~65銭と円高に傾倒。

29日の米中首脳会談を前に
持ち高調整の円買い・ドル売りが優勢となりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■来週の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

明日は米中首脳会談が予定されていますが、
トランプ米大統領が対中追加関税第4弾をすぐに発動しなければ、
まずは安心感が広がるとの見方が多いです。

一方で、半導体関連株などには
既にファーウェイ制裁解除を見込んだ買戻しが入っていることから
両国の協議が物別れに終わった場合は
大きく反落する可能性も意識しなければなりません。

どちらにせよボラティリティが高くなることが想定されるため
週明けからの方向感を見て慎重に立ち回っていきましょう。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:26,526.58ドル (-10.24)

・ナスダック:7,967.759 (+57.788)

・S&P500:2,924.92 (+11.14)

・為替 ドル円:107.73-107.74(-0.31)

『国内』

・日経平均株価:21,275.92円 (-62.25円)

・TOPIX:1,551.14(-2.13)

・日経ジャスダック平均株価:3,405.61円 (+7.27円)

・東証マザーズ指数:894.45(+6.77)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■月曜日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

6月日銀短観(8:50)
6月新車販売台数(14:00)
6月軽自動車新車販売台数(14:00)
路線価公表

『海外』

世界経済フォーラム主催の夏季ダボス会議(~7/3 中国・大連)
OPEC定例総会
米6月ISM製造業景気指数(23:00)
米5月建設支出(23:00)
休場:カナダ、香港

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストの江口です。

米中首脳会談で貿易問題について8割がたは
関税発動見送り、協議継続の流れになると見ていますが、
トランプ米大統領のことですから万が一も想定されるため
今日上昇している銘柄などは特に「期待されすぎ」として
大幅反落もあり得るため、一旦の利確推奨を出させていただきました。

相場がどちらに転ぶかは見極めにくいですが、
どちらにせよ効率よく動けるように
推奨をすすめてまいりますね!

 

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る