【7/10 株式ニュース】前場市況まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■7月10日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

分配金捻出の為に現物株や先物に売りが波及する可能性が。
中国で6月消費者物価指数・生産者物価指数が発表されることも
上値を抑えつける材料に

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

NY市場は小幅安、中国市場での経済指標発表を前に
手掛けづらい相場展開になっていくと見ています。

米雇用統計が予想を上回ったことで利下げ観測が後退し、
売り材料に転じていることから、期待の後退が
どの程度の影響を及ぼすのか、今晩以降の米国株の動向を
見極めたいとの見方も強まりやすいと分析。

ただ、為替が円安に傾いていることから、下値余地は限定的に
なると見ており、引き続き個別株物色が
メインになっていくとして、期待出来るでしょう。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

9日のNY株式市場は前日比22ドル65セント安の
2万6,783ドル49セントと続落。

米国株式市場はまちまちの展開となっており、
利下げ観測の後退が続いていることから、売りが先行。

ハイテク株には買いが集まったものの、
明日のパウエルFRB議長による議会証言を見極めたいとの
思惑が小動きとなっています。

フィラデルフィア連銀総裁の発言で政策金利を変更する必要性は
見られないと明言したことで、米債利回りが上昇し、
ドル買いが再燃しています。

相場状況としては下値模索の展開が継続すると見ており、
下値余地は限定的ですが、積極的に買いに向かう相場では
ないとして、動きづらい展開が想定されます。

『為替』

米中閣僚が電話会談したことが明らかになると貿易交渉が
継続するとの期待感にリスク選好の円売りが優勢に。

ポンド・ドルは反発しており、英国の成長見通しや金利見通しが
引き下げられたためポンド売りが加速したのち、英議会が
合意ないEU離脱を阻止するための法案を支持したとの報道を受け、
ポンド売りが一段落しています。

利下げ観測後退によるドル買いが加速していることから、
株式市場にとっては目先の下値は底堅いものと見ています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:26,783.49ドル (-22.65)

・ナスダック:8,141.73 (+43.35)

・S&P500:2,979.63 (+3.68)

・為替 ドル円:108.90

『国内』

・日経平均株価:21,565.15円 (+30.80円)

・TOPIX:1,574.89(-3.51)

・日経ジャスダック平均株価:3,450.84円 (-3.76円)

・東証マザーズ指数:911.77(-4.27)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

6月企業物価指数(8:50)

『海外』

中国6月消費者物価指数(10:30) 
中国6月生産者物価指数(10:30) 
パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が米下院で議会証言

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

ユニー・ファミマ、サカタのタネ、タマホーム
コシダカHD、スタジオアリス、ビットワンG
カネ美食品、シーヴイエス、大黒天
シーズメン、トレファク、ANAP
キリン堂HD、オンリー、アズ企画
アレンザHD、スタジオアタオ、協立情報
久光薬、東京個別、トーヨーアサノ
エヌピーシー、ローツェ、エコトレディン
良品計画、ティムコ、コジマ
サイゼリヤ、トランザクショ、ヨンドシーHD
ライフコーポ、近鉄百、ナルミヤ、AIT
USENNEXT、昴、プレナス

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【8143】ラピーヌ
自社株買い発表を機に一段高、本日も続伸期待。

・【4570】免疫生物研究所
バイオセクターの売られ過ぎの修正局面打開の矛先になる可能性あり。

※アナリストの注目銘柄、話題株のご案内で
売買推奨ではございません。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストの江口です。

外部環境は上にも下にも動きにくい展開が継続しています。
こういった相場展開の時は値動きの軽い中小型株などに
資金が集まりやすく、外部市況を見ても内需株といった
ハイテク株中心の相場展開が想定されます。

基本的には短期売買が有効的な相場ではあることから、
銘柄選定と売買タイミングものを言います!

こういった相場心理がどっちつかずの相場の方が
短期的に大きな利益も狙いやすいと思うので、
虎視眈々と狙ってみてはいかがでしょうか?

気になる銘柄があれば言って頂ければ
ご相談も承ります!

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る