【7/22 株式ニュース】東京市況まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■7月22日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

前日の米国株下落が嫌気されて売りが先行。
参院選通過や為替の円安傾倒が下支えに。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

22日の東京株式市場で日経平均株価は
前週末比50円20銭安の2万1,416円79銭と反落。

大幅な利下げ期待の後退を受け
前週末の米国株が下落したことが嫌気され、
寄りつきから売りが先行。

イラン情勢の緊迫や香港での大規模デモの長期化などへの警戒も
投資は心理を冷やす要因となりました。

今週半ば以降に主要企業の決算発表、
今月末に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて
様子見ムードも強まっています。

一方で、参議院選挙を無事通過し、
政権基盤の安定が好感されたことや
外国為替市場での円安進行は支えとなりました。

新興市場で材料が出た銘柄を中心に
個人の物色が向かいましたが、広がりは限定的で
日経ジャスダック平均株価、東証マザーズ指数も反落しています。

『海外』

22日午前の中国・上海株式相場で上海総合指数は反落。

ハイテク新興企業向け新市場「科創板」の取引が始まり、
注目度の高い新市場に上場した銘柄に投資資金を充てるために
既存の上場銘柄には換金売りが波及しています。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=107円95~96銭近辺と円安に傾倒。

米連邦準備理事会(FRB)の早期の大幅利下げ観測が後退し、
米長期金利の上昇と合わせてドルの買い戻しが入った
前週末のニューヨーク市場の流れが続いています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は参議院選挙通過での海外からの資金流入は限定的です。

政権の安定化は通常好感されるものの、
消費増税実施の確度が一段と高まったことが
内需株の重荷となっているほか
トランプ米大統領が日米貿易交渉で
為替条項について言及する可能性も意識されている模様。

前週末より日経平均株価が乱高下を続けており、
方向感が見えにくいことも懸念要因でしょう。

先行きが見通しにくい中で
まずは今週より本格化する企業決算に注目が集まりますが、
一足先に大幅減益の決算を発表した安川電機が
決算後の下げを既に戻しているところを見ると
悪材料出尽くし感から買われてくる銘柄が
多くなる期待はできるでしょう。

月末の米FOMC通過までは低調な商いが予想され、
決算通過で買いやすさが増した銘柄への
個別物色の動きが中心となりそうです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,154.20ドル (-68.77)

・ナスダック:8,146.489 (-60.754)

・S&P500:2,976.61 (-18.50)

・為替 ドル円:107.97-108.02(+0.33)

『国内』

・日経平均株価:21,416.79円 (-50.20円)

・TOPIX:1,556.37(-7.59)

・日経ジャスダック平均株価:3,449.82 (-3.89円)

・東証マザーズ指数:888.97(-7.08)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

40年国債入札 

『海外』

英国保守党党首選の決選投票結果を公表予定
世界貿易機関(WTO)一般理事会(~7/24)
米5月FHFA住宅価格指数(22:00)
米6月中古住宅販売(23:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストの江口です。

日経平均株価は乱高下していますが、
個別銘柄には物色の動きが見られているため
充分に利益を狙える相場が続いているでしょう。

少し推奨銘柄が多くなってきていますので、
なかなか動かないものは整理して
最新分析の銘柄に資金を動かすなど
回転売買を進めていっていただければと思います。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る