【7/24 株式ニュース】東京市況まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■7月24日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米中の緊張が緩和するとの期待から買いが優勢に。
半導体などの景気敏感株への買いが目立つ。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

24日の東京株式市場で日経平均株価は
前日比88円69銭高の2万1,709円57銭と続伸。

23日に「米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表と
政府高官が29日に訪中する」と報じられたことで
米中の緊張が緩和するとの期待から買いが優勢に。

また、半導体メモリー価格に反転の兆しが見えており
前日の米国株市場でもSOX指数が上昇したことで、
引き続き半導体関連銘柄に買いが入っています。

米国の企業決算でこれまで
第2・四半期決算を発表したS&P総合500種の構成銘柄の
約80%が予想を上回ったことで投資家心理が改善しており、
景気敏感株への買いが目立ちました。

中国株がしっかり推移したことや
為替が円安方向で安定していることも支えに。

好材料を発表した銘柄や、半導体関連株に買いが入ったことで
日経ジャスダック平均株価、東証マザーズ指数も続伸しています。

『海外』

24日午前の中国・上海株式相場で上海総合指数は続伸。

米中貿易協議が29日に中国で再開されるとの報道を受けて、
米中摩擦への警戒が後退し、買いが優勢となっています。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=108円15~16銭近辺と円安に傾倒。

米中貿易協議の進展の思惑から
ドルを買って、円を売る動きが優勢です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

塩ビ・半導体ウエハーで世界トップである
【4063】信越化学工業決算が
本日大引け後に発表されました。

同決算発表によると、
非開示だった通期の業績予想を今期経常利益が1%増加と
3期連続で過去最高益を更新する見通しとし、
年間配当を20円増配する方針も示しています。

売上高は前年比で小幅に減少する見通しではあるものの、
半導体を巡る事業改善が改善しているとの期待を
後押しするには十分な内容でしょう。

投資家心理が改善しており、
海外投資家から割安感の強い日本株に
徐々に買いが入り始めているとの声も。

日経平均株価が続伸を続けていることから
そろそろ上昇一服、調整を挟む可能性はあるものの
外部要因の落ち着きや企業の好決算を好感した
底堅い展開の継続に期待ができるとして
明日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,349.19ドル (+177.29)

・ナスダック:8,251.403 (+47.266)

・S&P500:3,005.47 (+20.44)

・為替 ドル円:108.12-108.13(+0.02)

『国内』

・日経平均株価:21,709.57円 (+88.69円)

・TOPIX:1,575.09(+6.27)

・日経ジャスダック平均株価:3,462.57 (+1.58円)

・東証マザーズ指数:891.58(+0.03)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

6月企業サービス価格指数(8:50)
2年国債入札

『海外』

ECB定例理事会
独7月Ifo景況感指数(17:30)
米6月耐久財受注(21:30)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式2.0参加者様へワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストの江口です。

日経平均株価の指数チャートを見ると
本日はちょうど250日線の水準で跳ね返されており、
そろそろ上昇も一服しつつあると分析。

とはいえ投資家心理が改善し
相場の先高感も強まっておりますので、
明日明後日にかけて上昇が落ち着いたタイミングを狙って
銘柄を推奨していければと思います。

少しお待たせして申し訳ないですが
楽しみにお待ちいただければと思います。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る