【7/29|明日の投資に役立つ株式ニュース】東京市場まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■7月29日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

景気敏感株に業績回復の遅れを警戒した売りが波及。
重要イベントを前に様子見ムードも目立つ。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

29日の東京株式市場で日経平均株価は
前週末比41円35銭安の2万1,616円80銭と続落。

キーエンスや東京エレクトロンなどの決算を受け
「景気敏感株の業績回復は遠い」との思惑が広がり、
電気機器株や機械株、半導体株に売りが広がっています。

今週に米連邦公開市場委員会(FOMC)や
日銀政策決定会合などのイベントを控えることから
様子見ムードも目立ちました。

外国為替市場で円相場がやや円安・ドル高に振れたことを支えに
大引けにかけては下げ幅を縮小して終了。

通期業績の上方修正などを発表した銘柄に買いが入り
日経ジャスダック平均株価、東証マザーズ指数は反発しています。

『海外』

27日午前の中国・上海株式相場で上海総合指数は小幅反落。

27日発表の6月の中国工業企業利益が前年同月比で減少した上、
上海総合指数は26日までの4日続伸で2%上げており、
目先の利益を確定する売りがやや優勢となりました。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=108円58~59銭近辺と円高に傾倒。

米中貿易協議の進展に不透明感が広がるなか
円買いがやや優勢となりましたが、
FOMCを前に持ち高を傾ける動きは限定的です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

30~31日に予定する米FOMCでは0.50%の利下げには動きにくく、
0.25%の利下げに留まるとの見通しが多いです。

0.25%であれば既に市場には織り込み済みで
急速な円高傾倒は防げるでしょう。

一方で、夏休み前に日本企業が
為替予約(先物のドル売り)を増やすことなどを背景に、
8月には円高が進みやすいというアノマリーも。

FOMC通過後に相場の流れが変わる可能性もあるため
積極的には動きにくく方向感の定まらない展開が続きそうです。

また、明日は国内重要指標発表を多く控えるほか、
黒田日銀総裁が会見を行います。

サプライズが出てくる可能性は低そうですが、
無事通過すれば安心材料となる期待はできるでしょう。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,192.45ドル (+51.47)

・ナスダック:8,330.211 (+91.670)

・S&P500:3,025.86 (+22.19)

・為替 ドル円:108.59-108.60(-0.03)

『国内』

・日経平均株価:21,616.80円 (-41.35円)

・TOPIX:1,568.57(-2.95)

・日経ジャスダック平均株価:3,477.17 (+6.08円)

・東証マザーズ指数:899.15(+3.07)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

黒田日銀総裁会見
日銀が経済・物価情勢の展望を公表
6月完全失業率(8:30)
6月有効求人倍率(8:30)
6月鉱工業生産指数(8:50)

『海外』

FOMC(~7/31)
米中閣僚級貿易協議(~7/31 上海)
米6月個人消費支出・個人取得(21:30)
米5月S&Pコアロジック・ケース・シラ-住宅価格指数(22:00)
米6月NAR仮契約住宅販売指数(23:00)
米7月消費者信頼感指数(23:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■アナリストよりワンポイント!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストの江口です。

相場の膠着感が強まっていますね。

推奨中銘柄については様子を見つつ、
少し整理をしていければと思います。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る