【7/30 株式ニュース】東京市場まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■7月30日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

下方修正を発表した銘柄に悪材料出尽くしと見た買いが入る。
一方、日銀の金融緩和政策は据え置きとなり指数は上げ幅を縮小。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

30日の東京株式市場で日経平均株価は
前日比92円51銭高の2万1,709円31銭と続伸。

ファナックやスクリンなど前日に下方修正を発表した銘柄に
悪材料出尽くしと見た買いが入る展開となりました。

日銀政策決定会合については、
「超低金利政策を少なくとも2020年春ごろまで続けるとする
フォワードガイダンス(先行きの指針)の期間を延長するのでは」という
期待が前場には支えとなりましたが、
特に変更なく終了したことから期待が剥落し
後場から日経平均株価は上げ幅を縮小。

また、6月の鉱工業生産指数速報は前月比で3.6%低下し、3ヶ月ぶりの減少に。

生産予測指数は前月比で2.7%上昇、8月は同0.6%と上昇となりましたが、
予想外に弱いとの見方から企業業績の先行きも懸念されています。

好決算を発表して上昇していた銘柄に売りが出るなどして、
日経ジャスダック平均株価は反落、
個別銘柄が物色されたことで東証マザーズ指数は続伸しています。

『海外』

20日午前の中国・上海株式相場で上海総合指数は反発。

中国人寿保険などの保険大手が増益見通しを発表したの受け、
金融株に好業績期待が高まっています。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=108円57銭近辺と円高に傾倒。

30日まで金融政策決定会合を開いていた日銀が、
12時前に金融政策の現状維持を決めたと発表し
緩和姿勢が弱いとして円買いに繋がっています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのkanonです。

今回は下方修正が出ても材料出尽くし感で
買われている銘柄が多いですね。

また、明日にはFOMCの結果発表を予定していますが、
市場予想通りの内容なれば
長期金利が下げ止まる展開が想定されます。

そうなると、今まで売られてきた銀行株などには
割安感を好感した買いが入りやすくなる可能性も。

この辺りは、注目していきたいですね。

一方で、日銀が現状維持の金融政策を決定したため
明日もし米FRBが市場予想を上回る緩和姿勢を見せれば
円相場に波乱が起こるリスクも。

明日はポジション調整程度の売買にして
FOMC通過後の相場の方向性を見極めていければと思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,221.35ドル (+28.90)

・ナスダック:8,293.329 (-36.882)

・S&P500:3,020.97 (-4.89)

・為替 ドル円:108.59-108.60(-0.05)

『国内』

・日経平均株価:21,709.31円(+92.51円)

・TOPIX:1,575.58(+7.01)

・日経ジャスダック平均株価:3,471.08 (-6.09円)

・東証マザーズ指数:903.28(+4.13)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

6月住宅着工統計(14:00)

『海外』

中国7月製造業PMI(10:00)
ユーロ圏4-6月期GDP(18:00)
米7月ADP全米雇用リポート(21:15)
パウエルFRB議長会見

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る