【8/15 株式ニュース】東京タイムまとめ(材料/決算情報)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■8月15日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米国株大幅下落の流れを引き継ぎ売り先行。
寄りつき後は円高進行が一服し、戻り歩調に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

15日の東京株式市場で日経平均株価は
前日比249円48銭安の2万0,405円65銭と反発。

前日の米国株式市場で長短金利差が逆転、
主要3指数が大幅安となったことを受けて
先物主導で売りが先行する展開となりました。

売り先行後は、
外国為替市場で円高が進まなかったことや
米株価指数先物が上げ幅を縮小させたことを
安心材料として戻り歩調に。

10時15分に公表される中国通貨の人民元の基準値が
2日連続で元高に設定されたことも支えとなりました。

ただ様子見ムードも強く、
後場にかけては膠着感が強まっています。

前日の米株式相場の大幅下落を受け投資家心理が悪化し、
新興株にも売りが広がったため
日経ジャスダック平均株価、東証マザーズ指数も下落して終了。

『海外』

15日午前の中国・上海株式相場で上海総合指数は反落。

海外景気の減速懸念が強まるなか、
中国景気への悪影響を警戒する売りが優勢となりました。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=105円90~91銭近辺と円高に傾倒。

世界各国で景気悪化を示す指標が相次いだほか、
14日の米国債市場で景気後退の前兆とされる長短金利の逆転が起き、
リスク回避を目的とした円買いが優勢となっています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

高値圏にあるNYダウは、
前日の逆イールド発生を受けて大きく下落しましたが、
日本株については割安感を好感した
押し目買い意欲が強い印象です。

日経平均株価ではPBRが1倍の水準となる
2万円に近づいた場面で、
積極的に押し目を拾う動きが見られています。

とはいえ、世界景気の減速が意識される中で
積極的に上値を追いにくいのも事実。

当面は方向感に欠ける中で
乱高下を繰り返す展開が想定されるでしょう。

しばらくは超短期目線での売買もしくは、
中期目線で下げたところを拾う形での
お取組みを進めていければと思います。

毎朝お送りしている市況に、
本日の注目銘柄として
短期の取引に適した銘柄を載せておりますので、
相場を見れる方で短期の取引に興味がある場合は
是非参考にしてみてください。

具体的な取引手法などは
積極的にご相談いただければと思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:25,479.42ドル (-800.49)

・ナスダック:7,773.939 (-242.420)

・S&P500:2,840.60 (-85.72)

・為替 ドル円:106.39-106.40(-0.05)

『国内』

・日経平均株価:20,405.65円(-249.48円)

・TOPIX:1,483.85(-15.65)

・日経ジャスダック平均株価:3,321.44 (-35.52円)

・東証マザーズ指数:853.98(-14.82)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

米7月住宅着工件数(21:30)

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る