【9/18 株式ニュース】前場市況(材料/決算情報)

日本投資機構株式会社

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■9月18日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━
米FOMCの結果を前に膠着感の強い展開に。
前日終値を挟んでの小幅な値動きが想定される。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます、アナリストのkanonです。
本日は今夜に米FOMC結果公表を控えるため
膠着感の強い展開が想定されます。
日経平均株価は前日終値を挟んでの
小幅な値動きが想定されるでしょう。
個別では、サウジアラビアのエネルギー相は17日、
原油生産の早期回復見通しを示し、原油先物が大幅反落。
前日に大きく買われていた
石油関連銘柄には利確売りが出そうです。
FOMC明けで相場の流れが変わる可能性もあるため
次回の銘柄推奨は明日に複数予定しています。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━
『NYダウ工業30種平均』
17日のNY株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比33ドル98セント高の2万7,110ドル80セントと反発。
18日までの米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとして、
様子見ムードが強く方向感に乏しい展開となりました。
FOMCでは0.25%の利下げが確実視されていますが、
今後も利下げが継続するのかどうかが注目されています。
前日に急騰した原油について、
サウジアラビアのエネルギー相が「攻撃で減った生産は
月内に攻撃前の水準を回復する」と述べたと伝わり、
想定より回復が早いとして原油先物が下落、
原料高や、ガソリン高による消費抑制への警戒感から
売られていた銘柄が買い戻されました。
一方で、17日発表の中国経済指標が総じて低調で、
中国売上高比率が高い銘柄には売りが見られています。
原油先物が反落したことで、主力株が買い戻され
ナスダック総合株価指数も反発して終了しています。
『為替』
17日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=108円05~15銭と円高に傾倒。
米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を
18日に控えて様子見姿勢が強く、小幅な値動きに留まっています。
『日経平均先物』
17日のシカゴ日経平均先物9月物は前日比110円高の2万1,855円と反発。
前週末に石油施設が攻撃された
サウジアラビアの原油生産が予想より早く回復するとみられ、
投資家心理が改善しています。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━
『海外』
・NYダウ:27,110.80ドル (+33.98)
・ナスダック:8,186.016 (+32.473)
・S&P500:3,005.70 (+7.74)
・為替 ドル円:108.09-108.10(-0.03)
『国内』
・日経平均株価:22,001.32円(+13.03円)
・TOPIX:1,614.58(+4.71)
・日経ジャスダック平均株価:3,351.99 (+2.85円)
・東証マザーズ指数:847.78(+1.90)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━
『国内』
日銀金融政策決定会合(~9/19)
8月貿易収支(8:50)
8月訪日外客数 (16:00)
20年国債入札
『海外』
パウエルFRB議長会見
米8月住宅着工件数(21:30)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━
・【3927】フーバーブレイン
前日に電力プラットフォーム事業のデジタルグリッドとの
資本業務提携を発表。
※こちらは直近材料が出た銘柄や市場で
 注目されている銘柄で買い推奨ではございません。
 ご質問等があればお気軽にご連絡ください。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る