【10/8 株式ニュース】前場市況まとめ

日本投資機構株式会社

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■10月8日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米中閣僚級協議控え様子見ムードの強い展開続く。
上値を追う材料には欠けるため好業績銘柄に物色。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのkanonです。

前日の米国株市場も米中の通商協議に関する
ヘッドラインを気にしながら揉み合う動きとなりましたし、
米中の閣僚級協議の行われる今週末までは
材料待ちで上にも下にも動きにくい展開が続きそうです。

また、本日は中国市場が休場明けとなりますから、
上海株などが大きく下落するようであれば
つれ安する可能性には注意したいです。

個別では、11月に向けて企業決算を多く控えており、
全体相場に一段の上値を追う材料が不足する中では
好業績の発表に期待ができる銘柄が上がりやすいと分析。

「好決算発表が予想される銘柄」を
「押し目」で拾うことを心がけていければと思います。

ご自身でお持ちの銘柄などで気になる銘柄があれば
決算前後の値動きについても分析が可能ですので
お気軽にご連絡してくださね。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

7日のNY株式市場でダウ工業株30種平均は、
前週末比95ドル70セント安の2万6,478ドル02セントと反落。

週後半に開かれる米中貿易協議の不透明感から、
運用リスクを回避する動きが広がっています。

中国の劉鶴副首相が10~11日に予定される米中協議について
「中国の産業政策や国有企業への補助金削減など構造改革は提案しない」と述べ
協議が難航するとの見方から売りが先行。

ただ「中国は米国産の農産物やエネルギーの輸入交渉に集中する」とも伝わっており、
内容を見極めたいとして様子見ムードが強まっています。

主力ハイテク株にも売りが波及し、
ナスダック総合株価指数も反落しています。

『為替』

7日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=107円20銭~30銭と円安に傾倒。

米金利が上昇し、日米金利差の拡大を手がかりとした円売り・ドル買いが優勢となりました。

『日経平均先物』

7日のシカゴ日経平均先物12月物は前週末比50円安の2万1,485円と小幅はんらく。

10日から開く閣僚級の米中貿易協議を控え警戒感が広がり
米株とともに売りが優勢となりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:26,478.02ドル (-95.70)

・ナスダック:7,956.294 (-26.180)

・S&P500:2,938.79 (-13.22)

・為替 ドル円:107.25-107.26(+0.41)

『国内』

・日経平均株価:21,375.25円(-34.95円)

・TOPIX:1,572.75(-0.15)

・日経ジャスダック平均株価:3,390.96(+11.03円)

・東証マザーズ指数:868.42(-2.07)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

8月景気動向指数(14:00)

『海外』

ノーベル医学生理学賞発表
米8月消費者信用残高(10/8 4:00)
休場:香港、中国 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

Jフロント、イオンモール、吉野家HD、
イズミ、KG情報、タビオ、アイケイ、
パルGHD、jGroup、シリコンスタシオ、
北興化、中北製、ライトオン、ポプラ、井筒屋

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【5817】JMACS
電線地中化関連銘柄。台風19号発生で思惑買いも。

※こちらは直近材料が出た銘柄や市場で
 注目されている銘柄で買い推奨ではございません。
 ご質問等があればお気軽にご連絡ください。¥

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る