【10/24 株式ニュース】前場市況まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■10月24日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

日経平均株価は堅調、2万3,000円も視野に。
米中関係改善に引き続き期待感。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのkanonです。

本日も日経平均株価は堅調な展開が想定されます。

米中通商協議に関連したニュースが続き
期待感から相場が上昇している面もあるため、
今夜に予定されるペンス米副大統領の
対中政策に関する演説などには注目したいです。

現在、日経平均先物は2万2,800円付近まで上昇しており、
次なる節目である2万3,000円も意識され始めます。

上げ足を強めていることから
どこかで調整を挟むと見られますが、
何をきっかけにどのタイミングで
調整するか正確に予測することは不可能ですので、
リスクを分散するため
本日はある程度利益を確定していければと思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

23日のNY株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比46ドル70セント高の2万6,834ドル12セントと反発。

米主要企業が決算発表ラッシュを迎えているため、
個別株の選別売買が中心となりました。

決算内容が市場予想を下回った半導体の
テキサス・インスツルメンツが急落し、
半導体関連銘柄には売りが波及しています。

半導体関連は総じて軟調となりましたが、
システムソフト会社などには買いが入り
ナスダック総合株価指数も反発して終了。

『為替』

23日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=108円65~65銭近辺と円安に傾倒。

米中対立が一段と悪化するとの見方が後退したうえ、
米主要株価指数が上昇し、円売りが優勢となりました。

『日経平均先物』

23日のシカゴ日経平均先物12月物は前日比110円高の2万2,795円と反発。

米株高や円安を材料に日経平均先物にも買いが波及しています。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:26,833.95ドル (+45.85)

・ナスダック:8,119.793 (+15.498)

・S&P500:3,004.52 (+8.53)

・為替 ドル円:108.64-108.65(+0.27)

『国内』

・日経平均株価:22,625.38円(+76.48円)

・TOPIX:1,638.14(+9.54)

・日経ジャスダック平均株価:3,455.30(+17.19円)

・東証マザーズ指数:853.80(+8.59)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

20年国債入札 
東京モーターショー2019(東京ビックサイト、~11/4)

『海外』

ECB定例理事会(ドラギ総裁記者会見)
米9月耐久財受注(21:30)
米9月新築住宅販売(23:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

中外薬、ディスコ、MonotaRO、ネットワン、
キムラユニティー、石塚硝、大丸エナ、
エイトレッド、東製鉄、鉱研工業、太洋工業、
A&T、信越ポリ、菱鉛筆、両毛シス、愛光電、
システナ、DNAチップ、レッグス、トランコム、
総メディHD

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【7979】松風
前日に上期経常を40%上方修正。一段の上値を追う展開に期待。

 

 

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る