【11/25 株式ニュース】前場市況まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■11月25日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米中の歩み寄りが期待され買いが先行する展開に。
香港デモ激化が懸念されているためハンセン指数の推移に注目。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのkanonです。

本日の日経平均株価は堅調な展開が想定されます。

前週末の米国株価指数は、
米中の歩み寄りが期待されたことで反発、
為替も円安方向で推移しており、
中国関連や半導体など前週末に米中協議の先行き懸念から
買われにくかった銘柄に買い戻しが入りやすいでしょう。

また、出遅れ感の強い銘柄に対する物色も
続きやすいと見ています。

ただし、香港では24日に地方議会にあたる区議会の議員選挙が実施され、
香港政府や中国に批判的な民主派が全452議席の過半数を獲得する見通し。

民主派の躍進を受けてデモ活動が激化するリスクもあり、
香港ハンセン指数の推移には注意が必要です。

買い先行で始まった後、
中国時間が始まってから上げ幅を縮小する可能性もあるため、
寄り付きで入るよりも10時半以降に様子を見つつ買い付けるた方が
利益につながりやすいと見ています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

22日の米ダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発し、
前日比109ドル33セント高の2万7875ドル26セントで終了。

中国の習近平国家主席が22日、
米中関係について「いくつかの困難と挑戦に直面している」としたうえで、
「正しい方向に向かって発展させよう」と呼びかけたと報じられたほか、
トランプ米大統領もは米中協議について「合意が非常に近い」と話したと伝わり、
両国が通商協議で歩み寄るとの期待が強まりました。

これを受け、中国関連とされる銘柄に買いが優勢に。

また、HSマークイットが発表した11月の製造業購買担当者景気指数が
7ヶ月ぶりの高水準となり米景気の減速懸念が和らいだのも
買い安心感を誘っています。

米中通商協議への懸念感が後退し主力株の一角に買いが波及したことで
ナスダック総合株価指数も3日ぶりに反発しています。

『為替』

22日の円相場は小幅に下落し、前日比5銭円安・ドル高の
1ドル=108円60~70銭で取引を終えました。

米中貿易交渉の進展期待や米株高などを受けて、
低リスク通貨とされる円には売りが優勢となりました。

『日経平均先物』

22日の日経平均先物は前日比85円高の2万3,165円と反発。

22日の米中メディア報道を手掛かりに
米中貿易協議の合意期待が広がり米株とともに買いが優勢となりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:27,875.62 (+109.33)

・ナスダック:8,519.885 (+13.674)

・S&P500:3,110.29 (+6.75)

・為替 ドル円:108.68-108.73(+0.08)

『国内』

・日経平均株価:23,112.88円(+74.30円)

・TOPIX:1,691.34(-1.96)

・日経ジャスダック平均株価:3,603.25(+16.50円)

・東証マザーズ指数:888.99(+9.22)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

独11月Ifo景況感指数(18:00)
米10月シカゴ連銀活動指数(22:30)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【9425】日本テレホン
長期線を上抜き、値幅を狙った買いが集まる期待。

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る