【12/19 株式ニュース】前場市況まとめ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■12月19日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

年末を前にしての確定売りが引き続き重荷。
黒田総裁記者会見を材料視しての値動きは限定的か。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、アナリストのkanonです。

本日も、世界的な金融緩和策を背景とした
株式市場の先高感が支えとなりながらも
上値の重い展開が継続しそうです。

また、本日は日銀の金融策決定会合の結果発表、
黒田東彦総裁が記者会見が予定されますが、
政策の現状維持を予想する声が多く
材料視しての値動きは限定的でしょう。

今週は年末を前にしての確定売りが続きそうですが、
来年に向けての株高期待は高いことから
週明けからは押し目を拾う動きも出てくると見ています。

調子の悪い銘柄は少し整理しつつ、
短期では直近IPOなど値動きの良い銘柄、
中期目線では来年にかけて注目されそうな
テーマ株などを仕込んでいけるといいかと思います。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業30種平均』

18日の米株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比27ドル88セント安の2万8,239ドル28セントと小幅反落。

NY連銀のウィリアムズ総裁が18日午前に米CNBCテレビに出演し、
「今年の3回の利下げで、金融政策は
緩やかな成長を支える環境を作り上げた」と述べ、
当面は政策方針を変えない姿勢を示したことが安心感に繋がり、
買いが優勢となる場面も見られましたが
引けにかけては、連日の過去最高値更新で
相場の過熱感を警戒した売りが重荷となりました。

米議会下院でトランプ米大統領の弾劾訴追が審議されましたが、
可決されても共和党が主導する上院では否決されるとして
マーケットでは材料視されておりません。

トランプ米大統領の支持率は上昇していることも
安心感に繋がっている模様です。

主力ハイテク株には買いが優勢となり、
ナスダック総合株価指数は続伸しています。

『為替』

18日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=109円55銭~65銭と小幅反落。

動意材料に乏しい中で米長期金利の上昇を受けて
日米金利差拡大を見こんだ円売りが優勢となりました。

『日経平均先物』

18日のシカゴ日経平均先物3月物は前日比125円安の2万3,875円と続落。

13日の米中貿易協議の部分合意を受け週初まで上げ進んだため
高値警戒感が波及し、売りが出ています。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:28,239.28 (-27.88)

・ナスダック:8,827.735 (+4.378)

・S&P500:3,191.14 (-1.38)

・為替 ドル円:109.56-109.57(+0.13)

『国内』

・日経平均株価:23,934.43(-131.69円)

・TOPIX:1,738.40(-8.80)

・日経ジャスダック平均株価:3,747.82(-17.46)

・東証マザーズ指数:866.20(-13.82)

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

黒田日銀総裁会見 

『海外』

英国金融政策発表
米7-9月期経常収支(22:30)
米12月フィラデルフィア連銀景気指数(22:30)
米11月景気先行指数(12/20 0:00)
米11月中古住宅販売(12/20 0:00)

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

日ヘルスケア

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【6071】IBJ
25日線を割り込んだ場面では買い意欲強く、
好業績を背景とした見直し買いに期待。

 

 

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る