【1/8 株式ニュース】前場市況まとめ|銘柄情報|銘柄配信|自動売買

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■1月8日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

中東情勢への警戒感から売りが先行する展開に。
半導体など成長性が評価されている銘柄には買いも。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

イランの安全保障委員会のシャムハニ事務局長が7日、
「報復には13のシナリオがある」と米国に警告。

中東情勢への警戒感から、
本日の日経平均株価は売りが先行する展開となりそうです。

また、日経平均株価のチャートを見ると、
前日に25日線を回復できておらず、
高値警戒感もあることから上値は追いにくいと分析しています。

しばらくは、23,000円~23,500円近辺での推移が想定されますので、
レンジの中で高いときに買いに入らないよう
注意していただければと思います。

一方で、昨夜の米国では半導体関連に買いが入り
SOX(フィラデルフィア半導体)指数が上昇するなど、
成長性の評価されている銘柄は買われており
投資家心理が過度にリスクオフに傾いているわけではありません。

しばらくは、個別の銘柄選定が鍵となるでしょう。

企業の決算発表も徐々に増えて参りますので、
好業績銘柄には注目していきたいところです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『NYダウ工業株30種平均』

7日の米株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比92ドル80セント安の2万8,610ドル58セントと反落。

イランの最高安全保障委員会のシャムハニ事務局長が7日、
「報復には13のシナリオがある」と米国に警告し、
株価指標面でみた米国株の割高感が意識されるなかで
中長情勢の悪化が利益を確定する売りにつながりました。

原油先物相場の下落を受けて
シェブロンやエクソンモービルなど
石油関連株に売りが波及したことも重荷に。

一方で、ISMが発表した昨年12月の非製造業総合景況感指数は55.0と
業況持ち直しを反映して4ヶ月ぶりの高水準となり、
市場予想(54.5)も上回る結果に。

先週に発表された製造業の景況感指数は低調でしたが、
非製造業は堅調で、経済全体は引き続き安定しているとして
投資家心理の支えとなっています。

中国の上海工場が出荷を始めた
電気自動車のテスラが上場来高値を更新するなど
好材料を発表した銘柄や
半導体関連など成長性が評価されている銘柄には買いが入ったものの
利確売りがやや優勢となり、ナスダック総合株価指数は小幅に下落しています。

『為替』

7日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=108円40~50銭と円安に傾倒。

堅調な米経済指標の発表が相次ぎ、円売り・ドル買いが優勢となりました。

『日経平均先物』

7日のシカゴ日経平均先物3月物は前日比35円高の2万3,350円と続伸。

中東情勢緊迫への警戒感から米国株が反落し、
日経平均先物にも売りが優勢となったため
7日の大取終値を130円下回っています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:28,583.68 (-119.70)

・ナスダック:9,068.581 (-2.884)

・S&P500:3,237.18 (-9.10)

・為替 ドル円:108.03-108.04(-0.29)

『国内』

・日経平均株価:23,575.72(+370.86円)

・TOPIX:1,725.05(+27.56)

・日経ジャスダック平均株価:3,831.73(+40.99)

・東証マザーズ指数:880.80(+12.47)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

11月毎月勤労統計(8:30)

『海外』

米12月ADP全米雇用リポート(22:15)
米11月消費者信用残高(1/9 5:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■決算発表銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

ウエルシアHD、ABCマート、サイゼリヤ、
ベル24HD、トライステージ、スタジオアタオ、
リソー教育、放電精密、GameWith、フジ、
ヤマシタヘルケア、日本BS放、天満屋ス、ヤマザワ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【8008】4℃ホールディングス

第3四半期の最終利益は前期比で2.5倍増益。

 

 

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る