【1/21 株式ニュース】前場市況まとめ|銘柄情報|銘柄配信|自動売買

<PR>株の銘柄配信 株式2.0

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■1月21日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

IMFが20日に世界経済見通しを下方修正。
材料難となる中で利益を確定する売りが重荷に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

昨夜のNY市場が休場となり手掛かり材料に欠けるなかで、
本日はやや軟調な展開が想定されます。

IMFは20日に改定した世界経済見通しで、
2020年の成長率を3.3%と予測し、
19年10月時点から0.1ポイント下方修正。

世界的な景気先行きに対する慎重な見方が意識され
相場の重荷となりそうです。

ただ、外国為替市場で、円相場が1ドル=110円台前半と
円安・ドル高水準で推移していることは支えとなり
大きくは売られにくいでしょう。

投資家の物色意欲の強さは変わらないと見ておりますので、
回転売買を進めていければと思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

20日の米国はキング牧師誕生日の祝日のため、
全市場が休場となりました。

『FTSE100種総合株価指数』

20日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は
前週末に比べて23.12ポイント安の7651.44と反落。

前週末に上昇した銘柄を中心に利益確定売りが出たほか、
英国のEU離脱後に通商交渉が難航しそうだとの懸念が
投資家心理の重荷となりました。

『為替』

20日のロンドン外国為替市場で円相場は、1ドル=110円10銭~20銭と横ばいで推移。

米国市場がキング牧師誕生日で休場となり、
主要な米経済指標の発表もなく取引材料に乏しいなか
日中を通して小動きとなっています。

『日経平均先物』

20日のシカゴ日経平均先物3月物は前週末比50円高の2万4,080円と続伸。

米中景気の回復期待から
前週末の米ダウ工業株30種平均が最高値を更新し、
投資家心理が一段と上向いています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:29,348.10 (+50.46)

・ナスダック:9,388.944 (+31.813)

・S&P500:3,329.62 (+12.81)

・為替 ドル円:110.15-110.16(+0.03)

『国内』

・日経平均株価:24,083.51(+42.25円)

・TOPIX:1,744.16(+8.72)

・日経ジャスダック平均株価:3,938.39(+17.81)

・東証マザーズ指数:885.26(+0.45)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

黒田日銀総裁会見
日銀が経済・物価情勢の展望(展望レポート) を公表

『海外』

世界経済フォーラム(ダボス会議)(~1/24)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【2341】アルバイトタイムス

株価が低位株なことから
値幅を狙った買いが集まり、25日線を支えに推移。

 

<PR>自動売買 K-system

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る