【2/5 株式ニュース】前場市況まとめ|銘柄情報|銘柄配信|自動売買

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■2月5日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

新型肺炎への懸念後退や中国の経済政策への期待から、
景気敏感株などに買いが先行する見通し。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

本日の日経平均株価は大幅続伸となりそうです。

前日の米株価指数の上昇や
ドル円相場の円安傾倒を好感し、
景気敏感株などに買いが先行する見通し。

もっとも3月期末を控えた国内機関投資家による
決算対策売りや持ち合い解消売りは出やすく
積極的に上値を追う展開にはなりづらそうです。

昨年の相場をけん引してきた銘柄群の上値が重く、
上方修正を発表しても上値を追うに至っていないので
日経平均株価が2万4,000円を突破するには、
企業業績にもう少し成長シナリオが必要かもしれません。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『ダウ工業株30種平均』

5日の米株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比483ドル セント高の2万9,253ドル10セントと続伸。

「中国の浙江大学の研究者が新型肺炎に
効果的な治療薬を発見した」と報じたことで、
新型肺炎への感染拡大懸念が後退。

また、中国人民銀行が金融緩和策に動く
可能性があるとの期待も続いています。

ADPが発表した民間の雇用者数の増加幅が
市場予想を大きく上回ったことや、
1月のISM非製造業景況感指数が市場予想以上に改善し、
米景気の拡大基調が続いていると受け止められたことも
買い材料となりました。

原油先物相場の上昇を受けて、石油株が上昇したほか、
中国売上高比率の高い銘柄の上昇が目立っています。

ナスダック総合株価指数も続伸して、最高値を更新。

『為替』

5日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=109円80銭~90銭と円安に傾倒。

新型肺炎を巡る過度な懸念の後退や、
市場予想を上回る米経済指標を受けて、
円売り・ドル買いが優勢となりました。

『日経平均先物』

5日のシカゴ日経平均先物3月物は前日比325円高の2万3,690円と続伸。

新型肺炎の治療薬開発を巡る前向きな報道や、
好調な景気指標を手掛かりに米株とともに買いが優勢となりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:29,290.85 (+483.22)

・ナスダック:9,508.683 (+40.709)

・S&P500:3,334.69 (+37.10)

・為替 ドル円:109.78-109.79(+0.45)

『国内』

・日経平均株価:23,319.56(+234.97円)

・TOPIX:1,701.83(+17.59)

・日経ジャスダック平均株価:3,808.39(+22.41)

・東証マザーズ指数:844.97(+8.05)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

1月都心オフィス空室率(11:00)
30年国債入札

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■決算発表銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

トヨタ、NTT、JT、富士フイルム、資生堂、テルモ、
オリンパス、バンナムHD、太陽HD、川重、三菱ケミHD、
三菱ロジ、三菱重、森永乳、明治HD、オルガノ、フジテック、
ニプロ、日本粉、イントランス、スシローGHD、TIS、
ティーガイア、クレハ、メルカリ、鳥居薬、神戸鋼、椿本チ、
東芝テック、GSユアサ、サンケン電、エレコム、IHI、ゼンショーHD、
Uアローズ、島津製、ニコン、フジシール、ヤマハ、デサント、
加賀電、AOKI HD、丸井G、ケーズHD、東センチュリー、カチタス、
西武HD、TBS HD、日テレHD、セコム、ヤマダ電、アルペン、
ライト工、洋缶HD、ジャックス、西鉄、NATTY

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【6670】MCJ

今期経常を27%上方修正し、最高益予想を上乗せ。
配当も1.15円増額。

 

<PR>株の自働売買

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る