【2/7 株式ニュース】前場市況まとめ|銘柄情報|銘柄配信|自動売買

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■2月7日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

買いが先行し、2万4,000円近辺まで上昇か。
踏み上げ上昇に期待も、米国株の割高感に注意。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

本日の日経平均株価は
2万4,000円近辺まで上昇して始まりそうです。

日経平均先物や、日本株の需給が良好で、
強い米経済指標を背景に米国株も勢い良く上昇中。

これまで世界経済の成長を下押ししてきた
米中貿易摩擦についても第2弾の合意に向けて
動き出しそうな兆しがあり、
これから数日の日本株市場では売り方の買い戻しが加速し、
踏み上げ相場を形成する期待もできるでしょう。

一方で、米国株はバリュエーション面で割高感が高い点には
米国株が売られれば、日本株も軟調に動きやすいとして注意が必要です。

決算期ということで、好業績銘柄を中心に狙っていきたいですが、
相場全体が急変する可能性は否定できないため、
ロスカットや利益確定を細かく行っていければと思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『ダウ工業株30種平均』

6日の米株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比88ドル92セント高の2万9,379ドル77セントと続伸。

4日間続伸し、4日間の上昇幅は1,124ドルに達しています。

新型肺炎の死亡率の低さが安心感につながっているほか、
6日に中国政府が米国からの一部輸入品の
関税引き下げを発表したことも買い材料となり、
3週間ぶりに過去最高値を更新。

ナスダック総合株価指数も続伸して、最高値を更新しています。

『為替』

6日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=109円95銭~110円05銭と円安に傾倒。

米中貿易協議の進展観測や米株高を受けて、
リスク回避の際に買われやすい円には売りが優勢となりました。

『日経平均先物』

6日のシカゴ日経平均先物3月物は前日比255円高の2万3,945円と続伸。

米国株の上昇や為替の円安傾倒に歩調を合わせて買い進められています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:29,379.77 (+88.92)

・ナスダック:9,572.154 (+63.471)

・S&P500:3,345.78 (+11.09)

・為替 ドル円:109.96-109.97(+0.06)

『国内』

・日経平均株価:23,873.59(+554.03円)

・TOPIX:1,736.98(+35.15)

・日経ジャスダック平均株価:3,829.12(+20.73)

・東証マザーズ指数:851.01(+8.04)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

12月毎月勤労統計(8:30)
12月家計調査(8:30)
12月景気動向指数(14:00)

『海外』

中国1月貿易収支
米1月雇用統計(22:30)
米12月消費者信用残高(2/8 5:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■決算発表銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

ソフトバンク、ホンダ、スズキ、三井不、住友商、旭化成、
雪印メグ、デンカ、IIJ、前田建、東洋紡、王子HD、
セブン銀行、小田急、大成建、クレセゾン、ニッコンHD、
長谷工、前田道、五洋建、高砂熱、ミクシィ、アルフレッサHD、
アリアケ、日東紡、日本紙、日産化、ステラケミファ、Kudan、
バルテス、ツムラ、関西ペ、ダスキン、ラウンドワン、住阪セメ、
太平洋セメ、日本製鉄、住友鉱、アマダHD、ダイフク、
SANKYO、OKI、日電子、太陽誘電、いすゞ、第一興商、
コロワイド、ナカニシ、リコー、Gウイン、千葉銀、
レオパレス21、リログループ、名鉄、センコーGHD、共立メンテ、
ベネッセHD、ニチイ学館、リゾートトラス、JMDC、
ナブテスコ、シップHD、新日製薬、WDBココ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【3918】PCIホールディングス

20年9月期第1四半期(10-12月)の連結経常利益は
前年同期比35.7%増の1.5億円に拡大。

 

<PR>株の自働売買 K-system

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る