【2/12 株式ニュース】前場市況まとめ|銘柄情報|銘柄配信|自動売買

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■2月12日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

新型肺炎の感染拡大の勢いが弱まりつつあるとして買いが先行。
好材料を受けたソフトバンクグループへの買いも支えに。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

新型肺炎の感染拡大の勢いが
弱まりつつあるとの見方が出てきております。

今まで関連銘柄が軒並み物色されてきましたが、
そろそろ別の銘柄群に資金が移るタイミングかもしれません。

個別では、米携帯通信TモバイルUSと
SBG傘下の米スプリントの合併が認められたことで
財務が改善するとして9984 ソフトバンクグループに買いが入り、
相場の支えとなりそうです。

前日の米株式市場では、半導体関連が持ち直すなど、
投資家心理はなお強気に傾いており、
日経平均株価は現価格帯での根固めをすすめ、
2万4,000円を上回っての上昇を試す期待も高いでしょう。

直近の決算内容が好調な銘柄などを中心に
推奨をすすめていければと思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『ダウ工業株30種平均』

11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は、
前日比0ドル48セント安の2万9,276ドル34セントと小幅反落。

新型肺炎の感染拡大の勢いが
弱まりつつあるとの見方から朝方は買いが先行したものの、
過去最高値を上回る場面も見られました。

ただ、米議会で証言に臨んだパウエル議長から
金融緩和を示唆する発言がなく、
次第に利益確定売りが優勢となり伸び悩んで終了しています。

新型肺炎が世界経済に影響を与えるとの懸念が和らぎ
世界景気の影響を受けやすい半導体株が幅広く買われたことで
ナスダック総合株価指数は過去最高値で終了。

『為替』

11日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=109円75銭~85銭と小幅に円安に傾倒。

新型肺炎の感染拡大を巡る過度の懸念の後退を背景に、
リスク回避の際に買われやすい円は売りがやや優勢となりました。

『日経平均先物』

11日のシカゴ日経平均先物3月物は前日比200円高の2万3,885円と続伸。

「コロナウイルスの流行が2月にピークを迎え、
4月ごろに終息する可能性がある」との専門家の指摘もあり、
懸念が後退したことで買いが優勢となっています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:29,276.34 (-0.48)

・ナスダック:9,638.942 (+10.553)

・S&P500:3,357.75 (+5.66)

・為替 ドル円:109.83-109.84(+0.33)

『国内』

・日経平均株価:23,685.98(-142.00円)

・TOPIX:1,719.64(-12.50)

・日経ジャスダック平均株価:3,820.03(+1.21)

・東証マザーズ指数:840.90(-8.99)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

1月マネーストック(8:50)
1月工作機械受注(15:00)
10年物価連動国債

『海外』

米1月財政収支(2/13 4:00)
米10年国債入札 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■決算発表銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

ソフトバンクG、ダイキン、SMC、ルネサス、国際帝石、
近鉄GHD、シマノ、東急、大林組、鹿島、ヨコオ、阪和興、
安藤ハザマ、三住建設、GMOPG、DNC、ケネディクス、Welby、
HENNGE、ロート、東和薬品、エンJPN、ミルボン、東海カ、
JFEHD、丸一管、三井金、三菱マ、DOWA、リンナイ、荏原、
CKD、日信号、ピアズ、サイババズ、ライフネット、ヤマハ発、
シチズン、タカラトミー、凸版印、テーオーシー、スターツ、
GMO、高松G、カネカ、アドベンチャ、パイロット、サンリオ、
OBARA-G、AIinside、ユー・エス・エス

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【9696】ウィザス

20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益を
従来予想の12億円から13.7億円に上方修正。

 

<PR>株の自働売買 K-system

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る