【2/18 株式ニュース】前場市況|銘柄情報|銘柄配信|自動売買

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■2月18日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米アップルが1~3月期の売上高予想を達成できないとの見通しを発表。
関連銘柄に売りが先行、今夜の米株式市場の動向にも警戒感。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米アップルは17日、
1~3月期に630億~670億ドルとしていた
売上高予想について
「達成できない見込みだ」と発表。

同社によれば、新型肺炎の感染拡大により
生産委託工場の製造ペースが予想より減速していることや、
中国の多くの店舗が閉鎖していることが
売上高に影響する見通しです。

アップルは多くの部品メーカーを抱えているため
本日は村田製作所や太陽誘電など国内の関連銘柄にも
売りが先行する展開となるでしょう。

また、同様の下方修正を発表する可能性が意識されることで
中国売上高比率の高い銘柄なども軟調な推移となりやすいです。

昨日は休場だった米株式市場が
今夜は開場となりますが、
アップルのニュースを受け軟調に推移する可能性が高く、
ナスダック総合指数も前週末に最高値を更新していたため
利益を確定する売りが大きく出やすい環境。

中国景気の影響を受ける銘柄などは買わずに、
様子を見ていくのがいいでしょう。

短期目線では新型肺炎関連とされるなかでも
ボラティリティが高くなりすぎていない銘柄を
狙っていければと思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『ダウ工業株30種平均』

17日の米株式市場はプレジデントデーの祝日で休場となりました。

『FTSE100種総合株価指数』

17日のロンドン株式市場で
FTSE100種総合株価指数は3営業日ぶりに反発。

新型肺炎の感染拡大をめぐり中国が景気対策を積極化させると期待され、
欧州各国の株式市場とともに買いが広がっています。

『為替』

17日のロンドン外国為替市場で円相場は、1ドル=109円90銭~110円ちょうどと小幅に円安に傾倒。

新型肺炎の感染拡大を受けて中国が景気対策を実施するとの期待が市場に広がり、
「低リスク通貨」とされる円には売りが優勢となっています。

『日経平均先物』

17日の大阪取引所で日経平均先物3月物は3日続落し、
前週末比90円安の2万3,540円で終了。

新型肺炎の国内感染が拡大したことに加え、
2019年10~12月期の実質国内総生産(GDP)が
市場予想以上に急減したことで、売りが優勢となりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:29,398.08 (-25.23)

・ナスダック:9,731.176 (+19.208)

・S&P500:3,380.16 (+6.22)

・為替 ドル円:109.83-109.84(-0.03)

『国内』

・日経平均株価:23,523.24(-164.35円)

・TOPIX:1,687.77(-15.10)

日経ジャスダック平均株価:3,743.15(-37.93)

・東証マザーズ指数:828.80(-12.89)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

5年国債入札

『海外』

独2月ZEW景況感指数(19:00)
米2月ニューヨーク連銀景気指数(22:30)
米2月NAHB住宅市場指数(2/19 0:00)
米12月対米証券投資(2/19 6:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■決算発表銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

トレンド、佐渡汽

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【6722】エイアンドティー

トクヤマ系で病院向け臨床検査装置が主力。
検査試薬も手掛ける。

 

<PR>株の自働売買 K-system

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る