【3/2 株式ニュース】前場市況|銘柄情報|銘柄配信|自動売買

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■3月2日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

新型肺炎への懸念が強まるも、米利下げ見通しを支えに、
前週末より少し安い水準での揉み合いを想定。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

前週末のNYダウは、
米FRBが利下げを行うとの見通しを支えに
下げ渋る場面も見られましたが、

週末中には米国で新型肺炎の初の死者が確認されたこと、
中国国家統計局が2月29日に発表した
2020年2月の製造業の購買担当者景気指数(PMI)が
前月から大幅に低い35.7と
リーマンショック直後の水準を下回り、
過去最低を記録したことなど
ネガティブなニュースも伝わってきています。

本日の日本株市場の動向は世界が注目していると思いますが、
やはりリスクオフの売りが重荷になりやすく、
前週末より少し安い水準で
揉み合う展開が想定されるでしょう。

投資家の狼狽売りが一巡するまで
軟調な展開が続きそうですが、
日経平均株価のBPSは2万7,00円付近に位置しており
中長期で見れば現価格帯での買いは
割安水準で買えるチャンスとも言えます。

無理に下げ止まりを見極めようとせず、
下げた場面では、現物の打診買いを
少しずつ入れておくと
中長期的に良いパフォーマンスに繋がると見ております。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『ダウ工業株30種平均』

28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は
前日比357ドル28セント安の2万5,409ドル36セントと続落。

ニュージランドナイジェリアなどで
新型肺炎の初の感染者が確認されたほか、

世界保健機関(WHO)も28日、
新型コロナウイルスに関して世界全体の
危機度を4段階で最高の「非常に高い」に引き上げたため、
世界経済の停滞が懸念され売りが先行。

ただ、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が
午後に発表した米経済に関する声明で
早期の利下げ期待が高まったことで
引けにかけては下げ幅を縮小して終了しています。

主力株に一角に値ごろ感に着目した買いが入り
ナスダック総合株価指数は小幅ながら反発しています。

『為替』

28日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=108円00~10銭と円高に傾倒。

新型コロナウイルスの感染拡大で世界的な株安が続き、
低リスク通貨とされる円には買いが優勢となりました。

『日経平均先物』

28日のシカゴ日経平均先物3月物は、前日比510円安の2万1,015円と続落。

新型コロナウイルスの感染拡大による景気悪化を警戒する売りが続きました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:25,409.36 (-357.28)

・ナスダック:8,567.368 (+0.888)

・S&P500:2,954.22 (-24.54)

・為替 ドル円:107.65-107.66(-1.18)

『国内』

・日経平均株価:21,142.96(-805.27円)

・TOPIX:1,510.87(-57.19)

・日経ジャスダック平均株価:3,294.92(-196.97)

・東証マザーズ指数:700.63(-46.94)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

10-12月期法人企業統計(8:50)
2月新車販売台数(14:00)
2月軽自動車販売台数(14:00)

『海外』

米2月ISM製造業景気指数(3/3 0:00)
米1月建設支出(3/3 0:00) 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【6065】ライクキッズ

公的保育所運営、民間施設内の保育所受託で業界大手。
株価下落により値ごろ感も。

 

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る