【3/4 株式ニュース】東京市場まとめ|銘柄情報|銘柄配信|自動売買

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■3月4日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米国株の下落を受けて売りが先行も、
日銀のETF買い期待などを支えに下げ止まり小幅反発。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の相場概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

4日の東京株式市場で日経平均株価は、
前日比17円33銭高の2万1,100円06銭と小幅反発。

前日の米国株下落を受けて売りが先行したものの、
一昨日3月2日の安値を下回らなかったことで
急速に下げ幅を縮小する展開となりました。

日銀のETF買いへの期待や、
「米大統領選の民主党候補者争いで中道派のバイデン氏が
複数の州で勝利を確実にした」と伝わり、
米株価指数先物が上昇したことも支えとなりました。

日経平均株価が上昇に転換したことで

個人投資家もリスクオフ姿勢を緩め、東証マザーズ指数は反発。

為替の円高傾倒が重荷となり、
日経ジャスダック指数は続落しております。

『海外』

4日午前の上海株式相場で上海総合指数は続伸。

米国が3日に緊急利下げに踏み切ったことで、
中国も景気対策で利下げの余地が
広がったとの思惑が相場の支えとなりました。

『為替』

14時時点の東京外国為替市場で円相場は、1ドル=107円35~36銭近辺と円高に傾倒。

米緊急利下げを手掛かりにした円買いが先行も、
日経平均株価が底堅く推移したことで
円買い一巡後は揉み合う展開となりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の日本株見通し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのKanonです。

本日は久しぶりに落ち着いた相場展開となりました。

新型肺炎に関する懸念の織り込みも一巡した模様で、
航空株や電鉄株などインバウンド関連の銘柄も
とりあえず下げ止まった印象です。

本日の場中には
民主党予備選挙の開票結果を材料とした
先物の売買も見られたことから、
今後市場の注目は米大統領選に移っていくことが想定されます。

今のところ、サンダース氏よりも
中道派のジョー・バイデン前副大統領の方が勢いがあり、
株式市場にとってはポジティブです。

上値の重さや乱高下は続きやすいですが、
一旦の下げ止まりに期待ができるとして
明日の相場を見ていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:25,917.41 (-785.91)

・ナスダック:8,684.090 (-268.075)

・S&P500:3,003.37 (-86.86)

・為替 ドル円:107.45-107.46(-0.58)

『国内』

・日経平均株価:21,100.06(+17.33円)

・TOPIX:1,502.50(-2.62)

・日経ジャスダック平均株価:3,381.55(-9.35)

・東証マザーズ指数:736.17(+11.56)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■明日の予定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

30年国債入札

『海外』

米1月製造業受注(3/6 0:00)
OPEC臨時総会

その他の株式情報はNOTEで配信中

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る