【3/11 株式ニュース】前場市況まとめ|銘柄情報|銘柄配信|自動売買

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■3月11日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

トランプ減税は織り込み済みで、寄りついた後揉み合う展開を想定。
メジャーSQを控え、売買が交錯する可能性も。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、kanonです。

前日の米株式市場は大幅反発で終了しましたが、
取引終了前にかけての戻しは
売り方の買い戻しがけん引した面があると見られ、
VIX指数も高止まりしております。

トランプ米大統領による減税の提案が好感されていますが、
議会で承認を経て立法化するには数週間かかりますから、
当面は乱高下しやすい相場展開が続くでしょう。

日本株市場はトランプ米大統領による
減税の提案はほぼ織り込み済みですから、
前日終値付近で寄り付いた後もみ合う展開となりそうです。

今週は13(金)にメジャーSQを控えておりますので、
本日は前日終値付近で寄り付いた後に、
先物主導で売買が交錯する可能性も。

とはいえ、一旦の底は打ったと見ておりますので、
個別で調子の良い銘柄などを中心に
売買で利益を狙っていければと思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『ダウ工業株30種平均』

10日の米株式市場でダウ工業株30種平均は
前日比1,167ドル47セント高の2万5,018ドル16セントと反発。

トランプ大統領は9日夕に
給与税(社会保障税)の引き下げを表明。

10日午後には米CNBCが
「トランプ氏は与党議員との協議で
年内の給与税ゼロを提案したようだ」と報じ、
投資家心理の支え止まりました。

米政府は、旅行・レジャー業界への支援策も
まとめると伝わったことも好感されています。

しかし、米株の変動性指数(VIX)は10日も47前後で終え、
不安心理が高まった状態とされる20を大きく上回ったままです。

主力ハイテク株に買戻しが入り、
ナスダック総合株価指数も反発しています。

『為替』

10日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=105円60~70銭と円安に傾倒。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、
米政府が経済対策を提案したと伝わったことも
低リスク通貨とされる円の売りにつながりました。

『日経平均先物』

10日のシカゴ日経平均先物3月物は、前日比1,100円高の2万9,975円と反発。

投資家心理が改善したことで買いが進む展開となりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:25,018.16 (+1,167.14)

・ナスダック:8,344.253 (+393.577)

・S&P500:2,882.23 (+135.67)

・為替 ドル円:105.20-105.21(+1.36)

『国内』

・日経平均株価:19,867.12(+168.36円)

・TOPIX:1,406.68(+17.71)

・日経ジャスダック平均株価:3,105.54(+9.93)

・東証マザーズ指数:665.43(+19.23)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

G20シェルパ(首脳補佐役)会議(サウジアラビア、~3/12)
米2月消費者物価指数(21:30)
米2月財政収支(3/12 3:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■決算発表銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

ステムリム、楽天地、Hamee、大盛工業、アイスタディ、
テンポスHD、シルバーライフ、アゼアス、菊池製作、
アセンテック、神島化、ベストワン、ハウテレビ、トーホー

 

その他の株式情報はNOTEで配信中

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る