【4/1 株式ニュース】前場市況まとめ|銘柄情報|銘柄配信|自動売買

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■4月1日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

米国株安を嫌気して売りが先行する展開に。
新型肺炎による経済への影響長期化が懸念される。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのkanonです。

本日は米国株安を嫌気した売りが先行し、
下値を模索する展開となりそうです。

とはいえ、前日の米国株は一時期よりも
ボラティリティが低下しており、
VIX指数も下落基調になっています。

また、一時は現金化のために基軸通貨のドルを買う動きが
円売り要因となっていましたが、
リスクオフの円買いが市場に戻ってきており、
パニック的な売買や悪材料の織り込みが一巡し、
世界の金融市場の価格決定機能が正常化しつつある印象です。

今後は経済指標や感染者の増加状況を睨みながら、
落ち着きどころを探す展開となるでしょう。

日本株市場でも一定の水準まで下落した場面では、
押し目を拾う動きが見られておりますので、
下げ止まりを見極めつつ買いを入れるなど
過度に懸念しすぎずに、落ち着いた売買を進めていければと思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『ダウ工業株30種平均』

31日の米株式市場でダウ工業株30種平均は
前日比410ドル32セント安の2万1,917ドル16セントと反落。

新型コロナの感染者数がNY州を中心に大幅に増え続け、
投資家心理の重荷となっております。

また、ゴールドマン・サックスは31日、
米実質国内総生産(GDP)成長率が
4~6月期に前期比年率34%減ると予想。

経済低迷が長期化するとして懸念されています。

前日に大幅高となっていた半導体関連には
利益を確定する売りが優勢となり、
ナスダック総合株価指数も反落しています。

『為替』

31日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=107円50銭~60銭と円高に傾倒。

新型コロナウイルスの感染拡大で行動制限が長期化し、
米経済の悪化が続くとの見方からドル売りが優勢となりました。

『日経平均先物』

31日のシカゴ日経平均先物6月物は、前日比415円安の1万8,645円と反落。

新型コロナウイルスの感染拡大による景気停滞が長期化するとの懸念から、
米株とともに売りが優勢となりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:21,917.16 (-410.32)

・ナスダック:7,700.098 (-74.053)

・S&P500:2,584.59 (-42.06)

・為替 ドル円:107.43-107.44(-0.98)

『国内』

・日経平均株価:18,917.01(-167.96円)

・TOPIX:1,403.04(-32.50)

・日経ジャスダック平均株価:2,952.79(-1.38)

・東証マザーズ指数:620.09(+7.81)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『国内』

3月日銀短観(8:50)
3月新車販売台数(14:00)
3月軽自動車販売台数(14:00

『海外』

中国3月財新製造業PMI(10:45)
ユーロ圏2月失業率(18:00)
米3月ADP全米雇用リポート(21:15)
米2月建設支出(23:00)
米3月ISM製造業景気指数(23:00)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

象印、西松屋チェ、地域新聞、日フイルコン、キユソー流通

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【3054】ハイパー

教育ICT関連銘柄として注目。

 

その他の株式情報はNOTEで配信中

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る