【4/6 株式ニュース】前場市況まとめ|銘柄情報|銘柄配信|自動売買

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■4月6日 本日の見出し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

緊急事態宣言が発動されれば悪材料出尽くしとの見方も。
様子見ムード強く、前週末の終値付近で揉み合いか。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の日本株概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

アナリストのkanonです。

週末中の東京では新型肺炎の感染者が増加しており、
安倍首相が緊急事態宣言を近く出す可能性が意識されています。

日本では、緊急事態宣言がなされても
各国が実施している「ロックダウン」(都市封鎖)のような
強制力はありませんが、経済停滞は懸念されるでしょう。

一方、世論としては、早期に感染を収束させるため
「早く緊急事態宣言を行って欲しい」という声が多く聞かれ、
宣言が出た後は悪材料が出尽くしたとして
市場が安定していく可能性も高いです。

上値を追うほど楽観的ではありませんが、
日銀のETF買いも支えになると見られ下値は限定的と分析。

本日は前週末の終値付近で揉み合う展開となりそうです。

キャッシュが潤沢にあって、
新型肺炎の感染拡大が収束した後に
成長性を取り戻せる企業といった目線で銘柄を選定し、
今週は下値を拾っていければと思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■前日の海外概況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『ダウ工業株30種平均』

3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は
前日比357ドル99セント安の2万1,055ドル45セントと反落。

朝方に発表された3月の米雇用統計では、
雇用者数が9年半ぶりに減少。

景気動向を映す非農業部門の雇用者数が
前月比70万1,000人減少(市場予想は14万人減少)しており、
米景気への懸念が強まっています。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど
非加盟国が協調減産を協議しているとの報道を受け、
米原油先物相場が上昇したことで
朝方は小高く推移する場面も見られましたが、
景気悪化を懸念した売りに押されて終了。

大型ハイテク株が軒並み下落したことで
ナスダック総合株価指数も反落しています。

『為替』

3日のNY外国為替市場で円相場は、1ドル=108円45銭~55銭と円安に傾倒。

原油高などを手がかりに円には売りが優勢となりました。

『日経平均先物』

3日のシカゴ日経平均先物6月物は、前日比405円安の1万7,675円と反落。

朝方発表になった3月の米雇用統計は雇用情勢の急速な悪化江お示し、
米株とともに売りが優勢となりました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■主要指数
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

・NYダウ:21,052.53 (-360.91)

・ナスダック:7,373.083 (-114.228)

・S&P500:2,488.65 (-38.25)

・為替 ドル円:108.63-108.64(+0.42)

『国内』

・日経平均株価:17,820.19(+1.47円)

・TOPIX:1,325.13(-4.74)

・日経ジャスダック平均株価:2,834.93(-43.21)

・東証マザーズ指数:593.63(-19.37)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日のイベント
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

『海外』

休場:中国(清明節)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日決算発表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

ニトリHD、壱番屋、クリエイトSDH、
東海ソフト、WNIウェザー、薬王堂HD、トーセイ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
■本日の注目銘柄
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

・【3671】ソフトマックス

「ソラストと医療領域のICT活用に関連した
事業・サービスの提携や開発で包括的な
業務提携契約を締結した」と4月1日に発表。

 

その他の株式情報はNOTEで配信中

関連記事

株式2.0

日本投資機構株式会社

トレンドスカウター

キングトレード投資顧問

にほんブログ村 株ブログへ
ページ上部へ戻る